Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

漢字・指示語・熟語・ことわざ・慣用句など、国語のすべてが苦手で困っています[中学受験]

配信

ベネッセ 教育情報サイト

平山入試研究所の小泉浩明さんが、中学受験・志望校合格を目指す親子にアドバイスする実践的なコーナーです。保護者のかたから寄せられた疑問に小泉さんが回答します。 質問者 小3男子(性格:大ざっぱ・感情的なタイプ)のお母さま

質問

国語がとにかくすべて苦手です。まず、漢字のとめ・はね・はらいなどが丁寧に書けません。文章を読む時も、指示語がわからないので、わからなくなるようです。選択肢は、いったん合っていると思えば、他の選択肢を熟読せずに選びます。修飾語や体言止め等の文法も理解していません。四字熟語・ことわざ・慣用句などもあやふやです。 現在は、対策として問題を解かせ、まちがえたら説明し、その問題は後日再度解かせています。しかし、前回と同じようにまちがえることが多いです。正解になるまで何回もくり返し解かせますが、通信教育の教材のサイクルに追い付けずたまる一方です。片付けるため、つい、△くらいなら○にしてしまっているような状況で、困りきっています。

小泉先生のアドバイス

学習内容に優先順位を付けて確実にこなしていく。「焦らず・たゆまず」が最善の学習方法。 こなすべき課題が多すぎて、学習内容が消化しきれていないようです。小学校の中学年の時期は、国語が得意な子は特に何もしなくてもできるようです。それなのに「国語はすべて苦手」となると、親としては非常に焦ることでしょう。ということで、問題を次から次へとやらせて、「つい、△くらいなら○にしてしまっている」ほど取り組みが荒くなってしまいます。恐らく、学習内容の定着度合いが低く、よくない状態でしょう。効率の悪い学習に陥っていると思われます。 解決方法としては、学習内容に優先順位を付けて一つひとつ確実にこなしていくことです。優先順位は、(1)語彙(ごい)>(2)読解>(3)解法です。まずは、漢字の書き取りや熟語、慣用句、ことわざなどが国語の基礎になります。次に、文章をしっかり読めて内容を理解できることが必要です。そして、最後にしっかり読めたかどうかを確かめるためにある、選択肢問題や記述問題などが解けるようになるということです。もちろん問題が解けなければ最終的な成果は出ませんから、漢字の書き取りをしっかりやってもテストの点数はあまり変わらないかもしれません。でも、問題文がしっかり読めていなければ、問いに答えることはできません。また、語彙力がなければしっかり読むことはできません。基礎ができていなければ、いくら上に積み上げていっても次々に崩れていってしまうのです。ここはじっくりと基礎力や読解力を構築することに力を注ぐべきです。 基礎力に注力するといっても、漢字の練習だけをしていればよいというものではありません。基礎的な学習はすぐに飽きてしまいがちなので、長い時間やっても効率的ではないと思います。漢字の勉強であれば、1日20分、毎日やるという具合に取り組めばよいでしょう。その時に漢字のとめ・はね・はらいなどをしっかり丁寧に書かせ、練習させればよいでしょう。なお、1字についてはせいぜい10回くらい書かせる程度のほうが雑にならなくてよいと思います。

【関連記事】