Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で何ができるか、インタビュー企画「四国のひとに聞いてみる」noteで実施

配信

ステージナタリー

インタビュー企画「四国のひとに聞いてみる!-芸術に今、これから出来ること-」が、愛媛・東温アートヴィレッジセンターのnoteで実施されている。 これは、新型コロナウイルスが感染拡大する中、四国で芸術活動に取り組む人々、その支援者たちが、どのような状況下にあるのか、そしてコロナ禍において、“今何ができると感じているのか”をインタビューするもの。企画制作を東温市地域おこし協力隊 / 東温アートヴィレッジセンターの田中直樹が務めている。 現在noteでは、NPO蛸蔵の吉田剛治、津軽三味線奏者の片山慈、office 白ヒ沼の鈴江俊郎、サラダボールの西村和宏のインタビューを掲載中。今後は、ダンサーの一色眞由美、シアターねこの鈴木美恵子のインタビューを掲載予定だ。

【関連記事】