Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【バレー】女子日本代表が7月6日から合宿を再開。長岡望悠が代表に追加登録

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バレーボールマガジン

 日本バレーボール協会は、7月6日から味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC、東京都北区)での日本代表女子チームの合宿を再開することを発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月22日から予定していた合宿が延期となり、再開日を調整していた。合宿は8月23日まで実施する予定で、当初は選手、スタッフとも限られた人数(10数名程度)で開始し、その後段階的に人数を増やし、安全を第一に行うという。  また、同協会は、久光スプリングスの長岡望悠選手が女子日本代表に追加登録されたことも併せて発表した。長岡選手は2019年度はケガ(左膝前十字靭帯損傷)の影響で戦列を離れていたため、2018年度以来の代表登録となる。 ■長岡望悠(NAGAOKA, Miyu)選手プロフィール 生年月日:1991年7月25日 年齢:28 ポジション:オポジット 所属:久光スプリングス 身長:179cm 体重:64kg 最高到達点:スパイク308cm、ブロック303cm 出生地:福岡県 出身校:東九州龍谷高校(大分) 初選出年:2012年 4大大会出場経歴:2013年ワールドグランドチャンピオンズカップ、2014年世界選手権、2015年ワールドカップ、2016年リオデジャネイロオリンピック、2018年世界選手権

【関連記事】