Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

約2か月ぶり“新様式”で営業再開 グランドプリンスホテル広島

配信

RCC中国放送

中国放送

 4月27日から臨時休業していたグランドプリンスホテル広島が、1日から営業を再開しました。新しい生活様式が取り入れられたホテル内を取材しました。  1日朝10時からおよそ2か月ぶりに営業を再開したグランドプリンスホテル広島。入口と出口が別に設けられ、消毒液が設置されました。アクリル板が設置されたフロントでは…。  「健康状態を確認するためにセルフチェックシートのご記入と検温のご協力をお願いしております。」(スタッフ)  宿泊客の健康をチェックし、施設の利用について説明。客室には、「セーフティーシール」を掲示して、清掃・消毒後には入室がないことを知らせます。  営業再開に合わせ、特別プランも用意しました。中国地方在住の人に限定し、夕食・朝食付きで1万円。人気の海側の部屋で、温泉またはプールも利用できます。  レストランも新しいスタイルとなりました。テーブルからはテーブルクロスがなくなり、ナイフやホークはその都度、用意されます。ほかにあるのは、消毒液と、メニューを取り込めるQRコードだけです。  料理は、広島の生産者を応援しようと地産地消にこだわりました。全ての料理に広島県産の食材を取り入れて、隠し味に江田島の醤油や三次の赤ワインなどを使っています。スイーツコースは、庄原産の夏いちごをメインに仕立てました。  「こちらのコースをお召しあがっていただくことによって、地元の広島の方にもより広島のことを知っていただけるかと思います。」(グランドプリンスホテル広島 レストランサービス 桑原メリサゆかりさん)  「まずプリンスホテルに着ていただいて、海外にも劣らない景色と風景と社員が待っていますので、ぜひ一度、足を運んでいただければ。」(グランドプリンスホテル広島 平瀬春男総支配人)  ホテルでは、3か月遅い新入社員研修も行われていました。  「新しい生活様式を学んでからのスタートとなりますので、われわれ自身が自ら考えて、新しいものを。新しいホテルの接客・接遇スタイルを生み出すことができるのではないかと思います。」(新入社員 北村素夢さん)

RCC BROADCASTING CO.,LTD.