Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【韓国】現代自とハンファ、EV電池の再利用で協力

配信

NNA

 韓国の現代自動車グループは5月31日、太陽電池大手のハンファQセルズと再生可能エネルギー分野で業務提携を結んだと発表した。現代自の電気自動車(EV)用リチウムイオンバッテリーを再利用したエネルギー貯蔵装置(ESS)を共同開発する。エコ対策と同時に、製造コストの削減による普及拡大を狙う。  EVバッテリーは通常、500回ほど充電を繰り返すと性能が新製品の7~8割程度に落ちる。このため、1回の充電当たりの走行距離は自動車メーカーが保証する基準を満たせなくなるが、ESS向けなら十分に利用可能という。現代自は「ハンファとの協力を通じて、再生可能エネルギーの普及に寄与したい」とした。  ブルームバーグニューエネルギーファイナンスによると、2040年のESSの世界市場は、17年比で126倍の379ギガワット時(GWh)に拡大する見込みだという。

最終更新:
NNA