Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山崎秀晃が安保を1Rで粉砕KO。悲願の王座奪取に「神様が見てくれていた」【K-1大阪】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO HEADLINE WEB

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」(9月22日、大阪・エディオンアリーナ大阪)のメインで行われた「K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ」で挑戦者の山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が1R1分19秒、KOで王者・安保瑠輝也(team ALL-WIN)を下し、悲願のK-1王座を獲得した。  安保は昨年6月に難攻不落といわれたゲーオ・ウィラサクレックを延長の接戦の末、判定ながら破り、王座を獲得。しかしその判定に納得のいかないゲーオにリマッチを望まれ、12月に初防衛戦で再戦。ここでも延長にもつれ込む熱戦となったが判定勝ちを収めた。今年3月の「K'FESTA.3」では KNOCK OUT、RISEなど他団体で数々のタイトルを獲得してきた不可思を破り2度目の防衛に成功。短期間で4回目のタイトル戦となる。  この2人は新生K-1初となった2018年の大阪大会で年間最高試合を獲得する熱戦を展開。その勝利をきっかけに大きく飛躍した安保に対し、山崎は昨年8月から若い選手に胸を貸すマッチメイクが続いた。しかしその中でも3KO勝ちと内容と結果を積み重ね、今回のタイトル挑戦にこぎつけた。

 試合は1R開始から山崎がプレッシャーをかけ怒涛のラッシュを見せる。サイドキックからパンチの連打で安保の機先を制する。そして一気に右右左のストレートの3連打で安保をロープに追い込むと、なおも右の連打で1回目のダウンを奪う。立ち上がった安保に山崎が一気にラッシュ。左フックがまともにアゴをとらえると安保はそのままゆっくり後ろに倒れ失神KO。山崎が速攻のKO劇で勝利を収めた。  山崎は試合後のマイクで「ここまで怪我も多くて、苦しい道のりであきらめかけた時もあったが、皆さんの応援でここまでやってくることができました。子供のころからK-1が好きで魔裟斗選手にあこがれて上京してきた。いろんな格闘技がありますけど、やっぱりK-1が一番大好きで、今日、この日、このベルトを持って迎えられたのがうれしい気持ちでいっぱいです。来年2月には第二子が生まれることになりまして、お父さんまだまだ頑張っていきます。さらにこのベルトの価値を上げていくために頑張ります」と第ニ子を授かったことも報告し、まだまだ頑張る意気込みを見せた。  試合後の会見では「タイトルマッチという試合でベルトを獲得できたのはうれしいこと。仲間と喜びを分かち合えたのは最高の気持ち。試合前、一人でネガティブになることもあったりとか、古傷が傷んだりとかして、孤独で悩んだこともありましたけど、仲間のみんなのおかげで強いチャンピオンを倒せた」と王座獲得に感無量の表情を見せた。  速攻となった試合展開については「作戦というのはなくて。いままでやってきた経験を、臨機応変に出せれば必ずベストな形が出るだろうと、自分に言い聞かせて信じてやった。一つ目のダウンは組み立ての中でいい形で当たったんで良かった。二つ目はいけると踏んでいきました」と振り返った。

【関連記事】