Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

花澤香菜&前野智昭「はたらく細胞!!」名コンビの秘訣!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 人気コミックをもとにしたアニメの特別上映版『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』が公開中だ。擬人化された細胞たちのにぎやかなやり取りが見どころの本シリーズ。息ぴったりの様子を見せているのが、赤血球役の花澤香菜と、白血球(好中球)役の前野智昭だ。これまでも数々の作品で共演を重ねてきた2人は、「白血球と赤血球として共演できて、前野さんとのご縁を感じる」(花澤)、「香菜ちゃんと信頼関係を築けていたからこそ、演じ切ることができた」(前野)とお互いへの思いを吐露。本作への思いを聞くと、名コンビの秘訣が浮かび上がった。 【画像】血小板ちゃんカワイイ!  本作は、来年1月からスタートするテレビシリーズ第2期「はたらく細胞!!」の一部をオンエアに先駆けて公開する特別上映版。再び現れたがん細胞と悪玉菌によって腸内環境が荒らされ、白血球たちがかつてないピンチに立ち向かう姿を描く。

健康意識に変化

 奮闘する細胞たちを見ているうちに、病気や健康についても学べる作品としても人気だ。花澤は「誰もが健康を気遣っているこの時期に『はたらく細胞』を劇場で観ていただけるなんて本当にうれしいです」としみじみ。特別上映版では「腸内環境が悪いと、ブラック企業のように細胞のみんなが働き続けないといけなくなってしまうんだとわかって。逆に善玉菌が増えるものを取り入れれば、悪い状況は防げるんだと感じました」と実生活に反映しやすい学びがあったという。  一方の前野も「勉強になる要素がたくさんありました。観終わった後に、絶対に乳酸菌を取り入れたくなりますから!」とニッコリ。石田彰演じるがん細胞には「最強感がある」と印象を話しつつ、「1期でもがん細胞が必死に生きようとする姿が描かれていましたが、今回はその意志をより強固に感じて。それだけに免疫系の細胞たちにとっては、ものすごく脅威になる存在でした。腸内環境が悪いと一層、がん細胞が力を得てしまうという描写もあって、僕自身も日常生活を見直すきっかけになりました」と語る。

【関連記事】