Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マネックス・ラボを率いる若手マネージャー。テレワーク時代の新しいマネージャーの役割を模索中

配信

Web担当者Forum

マネックス証券のロボットアドバイザーなど、個人投資家を支援するツールを開発しているマネックス・ラボ。そのラボ長を務めるのが、現在、32歳の斎藤 翔太 氏だ。新卒で就職した証券会社を1年で辞めて、勃興するソーシャルゲーム業界へ転職。3社目となるマネックス証券ではチームを率いるラボ長として活躍する斎藤氏にお話をうかがった。

Webが一般に普及してすでに20年以上が経つが、未だにWeb業界のキャリアモデル、組織的な人材育成方式は確立していない。組織の枠を越えてロールモデルを発見し、人材育成の方式を学べたら、という思いから本連載の企画がスタートした。連載では、Web業界で働くさまざまな人にスポットをあて、そのキャリアや組織の人材育成について話を聞いていく。  

新卒で入社した証券会社を1年で退職

林: 今32歳とのこと。最初にWebに触れたのは、いつ頃ですか? 斎藤: 中学生のとき、市が無料で使えるパソコンスペースを提供していたので、そこでWebサイトなどを見て遊んだのが最初です。その後、家庭でもパソコンを買いネットにつながるようになったので、Yahoo!ジオシティーズ※1で日記を書くなどしていました。 高校生になるとガラケーが普及して、簡易ウェブサイト作成ツールの「魔法のiらんど※2」、「前略プロフィール※3」を使い、大学時代には、mixi、Twitter、Facebookなどを使うようになりました。 ・※1 ※3 現在はサービス終了 ・※2 ホームページやブログ機能は現在サービス終了 林: 高校、大学時代は、今の仕事につながるような専攻なり活動をしていたのですか? 斎藤: 大学は商学部ですのでITとは遠いところにいました。ゼミで金融のおもしろさを知り、就職活動はそのまま金融系を中心に回っていました。 森田: ネット系の金融も探しましたか? 斎藤: すでに存在はしていましたが、新卒で入るのは難しかったですし、IT業界で働くという姿も想像できませんでした。新卒で入社したのは証券会社で、対面で個人の顧客に金融商品を販売する営業をしていました。しかし入社してすぐに自分の性格と会社の文化が合わないと気づきました。会社の方針で、推す商品が決まっているので、自分がそれぞれのお客さんにとって良いと思う銘柄を薦められないことなどがストレスでした。もっと調べてから入社すればよかったのですが、辞めるなら早いほうがよいと思って1年ちょっとで退職しました。 森田: 新卒1年目で辞めるというのは、2010年くらいだと思い切った決断ですよね。次はどういうところにいったのですか?