Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マイクロソフト、299ドルの次世代ゲーム機「Xbox Series S」詳細の一部を公表。発売は11月10日

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
PHILE WEB

マイクロソフトは、昨日公式Twitterアカウントにて明らかにした次世代ゲーム機「Xbox Series S」について、より詳しく仕様を紹介するトレーラーを公開し、スペックなどについての一部情報を明らかにした。 Xbox Series Sは「Xbox Series X」の廉価版となる、“オールデジタル”の光学ドライブ非搭載モデル。本体サイズはXboxシリーズ中最小クラスで、Xbox Series Xより約60%小さいとのこと。海外での価格は299ドルで、発売日は11月10日となる。 ストレージに、独自技術「Xbox Velocity Architecture」を採用する512GB カスタムNVME SSDを搭載。データ読み込み時間は非常に短く、ゲームタイトル切り替えもシームレスに行えるという。 映像面では4Kメディアのストリーミング再生やゲームの4Kアップスケーリングに対応。1440p解像度(2,560x1,440)では最大120fpsのフレームレートを実現し、動きの激しいグラフィックも秒間120コマで滑らかに表示する。 そのほか、よりリアリティのあるゲームグラフィックを実現する「DirectX Raytracing」、グラフィック描画の負荷を減らす「Variable Rate Shading」、ゲームとモニターのリフレッシュレートを同期させチラつきを減らす「Variable Reflesh Rate」といった技術をサポート。遅延も非常に低く抑えるとしている。

編集部:成藤 正宣

【関連記事】