Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エコバッグは意外と汚れている? 洗い方やお手入れ方法を花王が解説

配信

食品産業新聞社ニュースWEB

プラスチック製のレジ袋が7月1日から、コンビニやスーパーなど全国の小売店で原則、有料化される。プラスチックごみの削減に向けて、有料化が義務付けられるのは初めて。 廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ、地球温暖化などの課題を背景に環境に対する意識・関心が高まる中、エコバッグを持ち歩く習慣を身に付けることが求められている。実際、花王が2019年12月に実施した調査によると、レジ袋の有料化に備えて、スーパーで買い物をする人の88%が「エコバッグを持っていく」と回答している。 エコバッグは、食品を入れることが多いため、なるべく衛生的にしておきたいものだが、「いつもすぐに畳んでしまうから、洗ったことも拭いたこともない」という人も多いのではないだろうか。しかし、買い物の際に「食品の汁」が付いたり、「食品のくず」「野菜の泥」がたまったりすると、ニオイやカビの原因にもなる。また、見た目には汚れていなくても、湿ったまま放置することで雑菌が繁殖する可能性もあるため、定期的なお手入れが大事だ。 これから利用頻度が増えるエコバッグを清潔に保つためにはどうすればよいか。花王 生活者研究センター「くらしの研究」サイトでは、エコバッグを清潔に保つお手入れ方法を解説しており、「簡単なお手入れ方法」「“洗える”エコバッグの洗い方」「洗えないエコバッグの部分お手入れの方法」を掲載している。その内容を以下に紹介する。

◆簡単なお手入れ方法 食卓用清潔スプレーを吹き付けたペーパー類で拭くだけ

目に見える汚れはないけれども清潔にしたいという場合は、簡単に拭こう。 お手入れ方法は、 〈1〉エコバッグの外側・内側ともに、食卓用清潔クロスや、食卓用清潔スプレーを吹き付けたペーパー類で全体を拭く。ただし、変色・色落ち・シミの原因や、防水加工が落ちてしまう場合があるので、目立たないところで試してから使用を。スプレーの場合は、バッグに直接スプレーせず、必ずペーパー類やきれいな布等にスプレーしてから拭く。 〈2〉湿り気が残らないように、ハンガーなどに掛けて乾かしたり、乾いたペーパー類で拭き取る。

【関連記事】