Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉沢亮、磯村勇斗、高杉真宙…こぼれライダーが主役の時代へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
女性自身

『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)が8月30日に最終回を迎えた。同作で仮面ライダー滅/滅(ほろび)を演じた砂川脩弥(25)がツイッターでコメントを発表。リツイート数9806件、いいね数3.1万件(9月10日時点)という多くの反響を集めた。 【写真】こぼれライダーでブレイクした磯村勇斗と高杉真宙 若手俳優の登竜門とされる仮面ライダーシリーズ。近年は、主役ではない相棒やライバルポジションを演じた俳優が人気を集め、番組終了後にブレイクするケースが目立つ。 主役ではない、二番手、三番手を演じた俳優にはどのような背景があるのか。ライダー俳優に詳しい映画ライターはこう話す。 「彼らの多くは主役のオーディションに落ちた、いわば“こぼれ組”にあたります。そのなかから、サブライダーが起用されるケースが多いのです。主役は、番組のコンセプトそのもので、予め設定されたイメージに合致した人が起用されます。一方でサブライダーは主役より後から登場することが多く、当て書きのような形で、俳優ありきで設定される傾向にあるのではないでしょうか」(映画ライター) 最近では、19年『仮面ライダージオウ』に出演し、『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で主要キャストとして注目された渡邊圭祐(26)が記憶に新しい。15年『仮面ライダーゴースト』の磯村勇斗(27)、13年『仮面ライダー鎧武』の高杉真宙(24)の名前も、映画やドラマでたびたび目にする。 彼らに共通するのは、仮面ライダー出演時に敵にも味方にもなりうるエキセントリックなキャラクターを視聴者に印象づけてきたことだ。また、正義一辺倒になりがちな主役以上に演技派としての芝居が求められたことが想像できる。 21年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』で主役を務める吉沢亮(26)も、かつては11年の『仮面ライダーフォーゼ』にてサブライダーである仮面ライダーメテオ/朔田流星を演じていた。 「吉沢君は端正な顔だけに目が行きがちですが、『銀魂』でコミカルな演技を見せたと思えば、『リバーズ・エッジ』のゲイの少年を演じるなど幅広い役柄をこなす演技派として、国内外で定評がありました。これまではサブに甘んじてきましたが、ようやく主役に躍り出たという印象を受けますね」(前出・映画ライター)

【関連記事】