Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドラマファンをワクワクさせる“坂元ワールド”の魅力――月川翔監督に聞く

配信

オリコン

 テレビ朝日系で21日に放送されるドラマスペシャル『スイッチ』(後9:00)。脚本は坂元裕二氏、主演は阿部サダヲ、ヒロインに松たか子、「鉄板」といっていい組み合わせが実現した本作で、監督を務めたのは、浜辺美波&北村匠海主演の映画『君の膵臓をたべたい』(2017年)、平手友梨奈主演の映画『響 -HIBIKI-』(2018年)、有村架純&坂口健太郎主演のドラマ『そして、生きる』(2019年、WOWOW)などを手掛けてきた月川翔氏。どんなドラマが完成したのか、坂元脚本の魅力とは? 撮影中の裏話など、月川監督に聞いた。 【写真】月川翔監督 ――坂元裕二さんの脚本を演出するのは今回が初めてとのことですが… 【月川】念願の[坂元裕二脚本]を監督できるチャンスが巡ってきたのは望外の喜びで、何が何でもやり遂げたいと思いました。 ――坂元さんは、『東京ラブストーリー』(1991年)、『Mother』(2010年)、『最高の離婚』(2013年)、『カルテット』(2017年)など、数々の名作ドラマを誕生させ、近年は舞台や映画でも活躍。先日、NHKで放送されたリモートドラマ『Living』でも話題を呼びました。更新され続ける坂元脚本の魅力は何だと思いますか? 【月川】僕は会話の面白さが坂元脚本の魅力と感じていて、会話一つでキャラクターのものの見方や感じ方がありありと伝わってくる。なんなら登場人物の普段の態度まで、想像できる。表面的には軽妙なやり取りが多くて、それ自体笑えるんですけど、その奥に人間性が垣間見えたり、哀愁や悲哀が感じられたり、物事の本質を丁寧に描いているところだと思います。 ――好きな作品を挙げると? 【月川】『Mother』と『カルテット』。『Mother』は毎話感動して泣いていました。『カルテット』は、第1話を見たときに、「面白い」と思ったと同時に、これはいったいどういうシナリオで、どうしてこうなったのか、研究したくなりました。まず、脚本を買って読んで、自分ではこういう演出はできなかったもしれないと思ったので、土井裕泰監督にお会いして、「どういうふうに作っていったんですか?」と聞いて、学ばせていただきました。 ――監督が監督に取材することはよくあるんですか? 【月川】普段から、ほかの監督とお会いする機会があれば、自分が感銘を受けた作品について聞くようにしているんですが、自分から会いたいです、お時間くださいと連絡をとって、会いにいったのは『カルテット』の土井さんが初めてでした。 ――月川監督の探究心の強い一面を持った方なんだな、と思いました。 【月川】自分で経験して見つけてきたことなんて、数が知れている。このやり方が正しいと思ってやってきたけど、本当はもっといいやり方があるんじゃないか、ほかの監督のやり方から学べるところがあるんじゃないか、と思って、お話を聞ける機会があったら聞くようにしているんです。いろいろお話を伺うと、作品それぞれだよね、ってところに着地することが多いのですが、それでも何かしらの気づきにはつながっているような気がします。

【関連記事】