Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“日本一のアイスクリーム”も開発!大人顔負けの高校生…内閣総理大臣表彰の『ユネスコクラブ』とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

 名古屋市東区にある、愛知県立愛知商業高等学校。経理や事務など、商業全般について学べる歴史ある高校です。

 この学校で、名古屋市のまちづくりに貢献するため、校内でミツバチを育てているという『ユネスコクラブ』へ、お笑いトリオ・パンサーの向井慧さんが“向かい”ました。

中村さん: 「環境デーなごやというイベントに出るんですけど、その時のプレゼンの練習中です」 古橋さん: 「今までの名古屋市の取り組みと私たちの活動をリンクさせてきたところの紹介や、開発してきた商品やイベントを織り込みながら台本を作って練習しています」 パンサー向井さん: 「……立派(笑)」

 大人顔負けのトークで迎えてくれたのが、ユネスコクラブのみなさん。地域活性化を目標に、商品開発やイベント開催などの活動を行っています。

 中でも注目なのが『なごや文化のみち・ミツバチプロジェクト』。名古屋城から徳川園までの地区、文化のみちのまちづくりに貢献するため、9年前に養蜂をスタート。収穫したハチミツは「徳川ハチミツ」と名付け、これまで9種類もの商品を開発してきました。イチオシなのがアイスクリームだそうで…。 山本さん: 「この商品、全国商業高校フードグランプリという大会で2年連続全国1位をとりました」

 “日本一のアイスクリーム”、そのお味は…?

パンサー向井さん:「うま~~い!(笑)」 山本さん: 「りんごは(東日本大震災で被害の大きかった)岩手・陸前高田市の“米崎りんご”を使っています。コンセプトが『買って食べて応援』というもので、募金は人目が気になって入れられないという人でも、これならアイスを買って、おいしくて、どっちも笑顔になれます」

 ユネスコクラブは、このような商品を使った社会貢献が評価され、名古屋市で初めて内閣総理大臣表彰を受賞。さらに夏休みには、小学生の自由研究をお手伝い。オンラインで、学校の養蜂場見学や、飼っているミツバチについて紹介しました。

【関連記事】