Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「太ってくれ」「私のお肉あげたい」4連敗を喫した炎鵬に視聴者から“増量希望のエール”が続出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

<大相撲秋場所>◇四日目◇16日◇東京・両国国技館  前頭九枚目・炎鵬(宮城野)が前頭九枚目・阿武咲(阿武松)に寄り切りで敗れ、初日から4連敗を喫した。そんな炎鵬に視聴者からは「私のお肉あげたい」「太ってくれ」と増量を希望するコメントが相次いで寄せられた。 【動画】頭付近から土俵下に落ちる炎鵬  幕内最軽量の小兵力士でありながら高い技術力で活躍してきた炎鵬。だが今場所は苦戦しており、初日からまだ白星を挙げられずにいる。この日の取組でも、立会いで右を張っていったものの中に入り込めず、阿武咲に腕を決められるとそのまま寄り切られて土俵を割った。  炎鵬の不調について、ABEMAで解説を務めた元前頭・北太樹の小野川親方は、体重が五月場所から4キロ減って92キロとなったことに言及。「体重が減ったことも影響しているのかなと思います。やっぱり150キロある力士と、100キロ以下の力士だと、4キロの割合がだいぶ違いますので。そういう意味では(炎鵬にとって)4キロは大きいのかなと思いますね」と解説した。また他の力士が炎鵬の相撲を研究していることも苦戦の要因として挙げ、「炎鵬はさらにもうひと工夫が必要になってきているんじゃないかと感じます。工夫して掴み所がない力士になると、白星が重なってくると思いますね」と語った。  体重が減った炎鵬について、視聴者からは「太ってくれ」「私のお肉あげたい」「92kgは軽いよね」「もっとなんか食べたほうがいいよ」「食べて太るのも稽古」と増量を希望するコメントが続々と寄せられていた。 (ABEMA/大相撲チャンネルより)

【関連記事】