Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【RISE】那須川天心の公募対戦相手の選考基準は「実績、年齢。次世代を担う若手がいい」(伊藤代表)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴング格闘技

2020年6月10日(水)、RISEがインターネットテレビ局ABEMAで配信会見を行い、7月11日(土)にRISE初のテレビマッチ(無観客試合)を開催することを発表した。大会はABEMAにて独占生中継される。大会名は『Cygames presents RISE on ABEMA』。 【写真】配信会見で対戦相手を公募した那須川天心  RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)の対戦相手は「公募」という形となり、RISEもしくは那須川天心のTwitterに応募フォームを掲載。ABEMAの広報によれば、生中継中にも「応募はすでに何件か来ています」とのこと。  条件は18歳以上で男性のみ、ジム・連盟に所属している選手は代表者の承認が必要(ワンマッチのみの契約)、契約体重57~58kg。RISEもしくは那須川天心のTwitterに応募フォームが掲載される。応募期間は6月10日(水)~15日(月)まで。  選考基準で最も優先されるのは何かと伊藤隆RISE代表に聞くと、「実績、年齢。次世代を担う若手がいいですね。25歳以下が理想です」と、タイトル歴や戦績などの実績を重要視し、できれば若手にチャンスを与えたいとのこと。応募のあった選手名は「選ばれなかったら失礼になるので」と決定した選手以外は公表しない予定で、もし那須川の対戦相手にふさわしい選手からの応募がなかった場合は「その時はその時で考える」という。  番組には視聴者からの声も寄せられ、MMAファイターでRIZINで活躍する扇久保博正、石渡伸太郎、ONEで活躍する青木真也、キックボクサーではKNOCK OUTやREBELSで活躍する三冠王・安本晴翔(橋本道場)、シュートボクサーではシュートボクシング日本スーパーフェザー級王者・笠原弘希らの名前が番組中に読み上げられた。  那須川は「不安は一切ないです。どんな相手でも僕のスタイルは変わらないので」と、受けて立つ構え。また、残り半年の年間試合数については「僕は決まればやります。条件があえばやりたいです」と意欲的だった。

【関連記事】