Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福留孝介、糸井嘉男、能見篤史...阪神「ベテラントリオ」の去就 ストーブリーグの焦点になるか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J-CASTニュース

 現在2位につけている阪神だが、その戦いぶりについて周囲の評価は厳しい。  首位を独走する巨人にゲーム差で大きく離され、直接対決も4勝12敗と大きく負け越している。2020年は新型コロナウイルスの影響で120試合に短縮され、セリーグはクライマックス・シリーズが開催されない。Aクラスをキープしたとしても大きな価値は見いだせず、このまま巨人がリーグ連覇を飾れば、阪神も若返りの変革を迫られるだろう。 ■コロナ大量感染で緊急登板も...  その中で去就が注目されるのが福留孝介(43)、能見篤史(41)、糸井嘉男(39)の「ベテラントリオ」の去就だ。球界最年長の福留は43試合出場で打率.154、1本塁打。スタメン出場は15試合にとどまり、主に代打の役回りだが直球に差し込まれる場面が目立つ。  卓越した打撃技術は健在だが、本来はスタメン出場の4打席で結果を出すタイプだけに昨季限りで退団した鳥谷敬(現ロッテ)と同様に1打席勝負の代打への適応はなかなか難しい。  球団内で投手最年長の能見もファーム暮らしの苦渋を味わった。球団内でのコロナ大量感染が判明したため、9月25日に急きょ一軍昇格を果たし、ヤクルト戦に登板したものの2ランを浴びるなど芳しくない結果に。  今季は23試合登板で防御率6.48。持ち味の手元で伸びる快速球を痛打される場面が目立つ。先発から18年に救援に転向してチームへの貢献度は高いだけに、1軍に再昇格して意地を見せたいところだ。  最も風当たりが強いのが糸井だ。4年契約最終年の今季は64試合出場で打率.256、1本塁打。年齢を感じさせない抜群の身体能力で活躍してきたが、近年は衰えを隠せない。昨季は打率.314も5本塁打、42打点は阪神移籍後最低の数字で、9盗塁と11年続けた2ケタ盗塁も途切れた。オフに左足首を手術して臨んだ今季もわずか2盗塁に留まっている。

スポーツ紙記者「大幅減俸は避けられない」

 在阪のスポーツ紙記者は「糸井は外野の守備でのマイナス面が大きい。打ち取った打球を捕れずに安打にする場面を何度も見てきました。年俸4億円からの大幅減俸は避けられないでしょう。チームが若返りを断行するなら昨年の鳥谷のように来季の戦力構想から外れる可能性もあります」と分析する。  ソフトバンクとロッテの熾烈な首位争いで白熱するパ・リーグとは対照的に、巨人が2位以下を突き放して首位独走するセ・リーグは早くも秋風が吹いている。ペナントレースの行方より、大物選手たちの去就を巡るストーブリーグに注目が集まりそうだ。

【関連記事】