Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

逆襲の岡山リベッツが王者・木下マイスター東京を脅かす3つの理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

2019年3月17日、両国国技館。満員の観客の祝福を背に、高々と優勝シャーレを掲げたのは木下マイスター東京だった。 【写真】岡山リベッツ大型補強の目玉・丹羽孝希 水谷隼、張本智和、松平健太、大島祐哉、錚々たる顔ぶれを揃えた木下は、前評判通りTリーグ初代チャンピオンに輝いた。木下は続く2019-2020シーズンもリーグ戦を制し、初代王者にして初の2連覇チームとなった。 来たる2020-2021シーズン、木下は3連覇という偉業を成し遂げるのだろうか。

打倒木下を果たすのは前年最下位の岡山リベッツ!?

木下が強いことに疑いの余地はない。だが、他の3チームもそうやすやすと木下の独走を許す気はない。各チームがシーズン開幕に向けて、着々と補強を重ねている。 木下の優勝を阻むチームがあるとすれば、どのチームだろうか。勿論、全てのチームに可能性があるが、特に注目すべきは岡山リベッツだ。 2019-2020シーズンの成績は6勝15敗、最下位に終わったチームである。だが、来期の岡山は、王者木下を飲み込む可能性を秘めた存在といえる。その理由を探っていこう。

理由①大規模な補強に成功

岡山はこのオフ、積極的な補強に乗り出している。 まずは木下から丹羽孝希、田添響を獲得。 特に、五輪代表にも内定している丹羽は大きな戦力として期待できる。昨シーズンリーグ戦で挙げた勝ち星はシングルス・ダブルス計11勝、これは侯英超(ホウエイチョウ)、田添健汰と並んでチームトップの数字だ。この戦力が木下から抜ける影響も少なくない。 加えて、2018-2019シーズンに所属していた李尚洙(イサンス)と2年ぶりに契約を結んだ。2018-2019シーズンの成績は5勝7敗とインパクトを残せなかったものの、現在の世界ランキングは22位とその実力は折り紙付きだ。2度目の参戦で結果を残せるか注目が集まる。 さらに、インド代表のサイチヤン・グナナセカランも獲得。現在の世界ランキングは32位、昨秋のITTF-ATTUアジア卓球選手権大会では団体戦で張本にストレート勝ちを収めるなどセンセーショナルな活躍を見せた。 代表クラスの選手が複数加入し、昨シーズンまでの主力選手も概ね残留を決めている。選手層の厚みが増したのは明白だ。

【関連記事】

最終更新:
Rallys