Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

毎日体温計測する女性がしている免疫力を上げる“温活”の中身

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

効果的な“温活”で免疫力アップを!

「最近風邪を引きやすい」 「睡眠時間は確保しているのに寝ても疲れが取れない…」 「肩こりがひどい…」 このような症状に心当たりのある方、あなたの「平熱」は何度でしょうか? 「平熱って36度くらいでは?」 そう思われる方も多いでしょう。 ですがその認識、実は間違っているかもしれません。 体温が1度下がると免疫力は37%も低下し、体温が1度上がると5~6倍も免疫力が上がると言われています。 また、その他にも睡眠の質や体調など、体温はさまざまな面に影響を与えるので、高体温が健康のバロメーターになっていると言っても過言ではありません。 今回、株式会社ホットアルバム炭酸泉タブレットは、20代~50代の毎日体温を計測している女性を対象に、「体温に関するアンケート」を実施しました。 免疫力を高めたい方、低体温症でお悩みの方は是非参考になさってください。

平熱は36度台前半が多数! 35度台の方も…

まずはみなさんの平熱がどのくらいなのかから聞いていきましょう。 「ご自身の平熱は何度ですか?」と質問したところ、『36.0度~36.4度(46.7%)』という回答が最も多く、次いで『36.5度~36.9度(25.2%)』『35.5度~35.9度(21.1%)』『35.0度~35.4度(5.8%)』『37.0度~37.4度(0.9%)』『34.1度~34.9度(0.2%)』『37.5度以上(0.1%)』と続きました。 多くの方の平熱は36度台のようですが、35度台の方も意外と多い印象を受けます。

2割以上が不眠症に悩んでいる

体温と睡眠には密接な関係があることは、既にさまざまな研究結果で明らかになっていますが、みなさんの睡眠の質はどうなのでしょうか。 そこで、「自覚している睡眠障害はありますか?(複数回答可)」と質問したところ、2割以上の方が『不眠症(21.3%)』と回答しました。 前問で平熱が35度台の方も多かったことから、「低体温」が睡眠にも影響を及ぼしていることが予想できます。 以降、『睡眠時随伴症(11.1%)』『概日リズム睡眠障害(7.8%)』『過眠症(5.2%)』『睡眠関連運動障害(3.0%)』『睡眠関連呼吸障害(2.4%)』と続きました。 また、『睡眠障害はない(62.0%)』と回答した方が6割以上いらっしゃったことから、その方々を体温別に見てみたところ、35.9度以下の方は59.1%、36.0度~36.4度の方は61.8%、36.5度以上の方は65.5%と、体温が高い方ほど『睡眠障害はない』という方の割合が高いことが分かりました。 このことからも、体温と睡眠の質には密接な関係があることが読み取れます。

【関連記事】