Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TikTok、人種差別への抗議動画を検閲か 批判受け、ブラックコミュニティへの支援を表明

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

TikTokが黒人のクリエーターを抑制しているという批判に対処するために、現在計画している一連の取り組みについて発表した。

批判されていたのは、動画の検閲について。黒人クリエイターへの抑圧に抗議するTikTokのユーザーが、プロフィール写真を黒のパワーシンボルに変更したり、ハッシュタグを用いて抗議したりなどを行っていたが、TikTok上では、「#BlackLivesMatter」および「#GeorgeFloyd」のハッシュタグをつけてアップロードされたビデオの視聴回数が0として表示され、検索結果にも表示されないようになっていたという。 こうした批判を受け、TikTokはあまりの投稿数の多さのため「技術的な問題」によって不具合が起きたと説明。ブラックコミュニティを支援するため、米音楽業界が連帯して人種差別に抗議する日である「Black Out Tuesday」に参加することにより、「ブラックコミュニティとの連帯に立つ」と語った。 またBlack Out Tuesdayにおいて、TikTokはサウンドページをシャットダウンし、すべてのプレイリストとキャンペーンをオフにする予定だとコメント。またブラックコミュニティを支援する非営利団体への300万ドルの寄付と、「人種差別と不平等」に対処するための100万ドルの寄付も行うとしている。 なおTikTokは昨年12月、米メディアSlateの取材に対して、障害者やクイア、および太ったクリエイターが作成したビデオを抑制していたことを認めており、同メディアによれば、その他自閉症、ダウン症、あざ、またはわずかな斜視を持つ「ネットいじめに対して脆弱」とみなされるユーザーの動画も検閲を受けていたという。

【関連記事】