Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<私たちはどうかしている>浜辺美波&横浜流星のW主演ドラマ 観月ありさがヒールに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 女優の浜辺美波さんと俳優の横浜流星さんがダブル主演を務める連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、8月12日にスタートする。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜(はなおか・なお)と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき)が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺人事件を巡り、運命に翻弄(ほんろう)されながらも強くひかれ合う“ラブミステリー”だ。 【写真特集】美しい… 浜辺美波&横浜流星の写真 観月ありさ、岸井ゆきの、中村ゆりも出演!

 ドラマは、女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載されている安藤なつみさんの同名マンガが原作。脚本は、「のだめカンタービレ」や「偽装不倫」などの衛藤凛さんで、横浜さんも出演して話題になった「あなたの番です」(同局系)のスタッフが制作する。

 観月ありささんが、椿の母で、七桜をイビリ倒す高月今日子を演じるほか、高杉真宙さんが七桜の同僚として光月庵で働く見習い職人の城島裕介、岸井ゆきのさんが結婚式当日に椿に婚約を破棄される長谷栞、山崎育三郎さんが七桜を温かく見守る謎の男・多喜川薫、中村ゆりさんが七桜の母・大倉百合子、鈴木伸之さんが椿の父・高月樹、須藤理彩さんが七桜と椿に深く関わっていく小料理屋の女将(おかみ)の宮部夕子、佐野史郎さんが椿の祖父で光月庵の大旦那・高月宗寿郎をそれぞれ演じる。

 第1話では、和菓子作りに情熱を注ぐ若き職人・七桜(浜辺さん)が、結婚式の引き出物を決めるための和菓子対決を受けてほしいと頼まれる。相手は、金沢の老舗和菓子屋“光月庵”。15年前、光月庵の和菓子職人だった母・百合子(中村さん)が若旦那・高月樹(鈴木伸之さん)を殺した罪で逮捕され、七桜の人生は一変。因縁の店だった。

 一度は対決を辞退する七桜だが、住み込みで働いていた店を突然解雇され、行き場もなく途方に暮れていると、見知らぬ男・多喜川(山崎さん)に亡き母からの手紙を渡される。母の無念を知った七桜は、光月庵との対決に挑むことに。

 対決当日。光月庵の跡取りで、幼なじみだった椿(横浜さん)と再会する七桜。彼こそが、母を殺人犯にした張本人だった。冷たく自信に満ちた椿を前に怖気づく七桜だが、持ち前の“食べる人への想いを込めた和菓子”で対決に挑む。対決の後、椿は七桜の正体には気づかぬままプロポーズして……というストーリー。

【関連記事】