Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

死のロードで最下位の阪神…掛布氏「監督は今こそ“矢野ガッツ”やるべき」 出来る事する重要性説く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
関西テレビ

4日、阪神タイガースのレジェンド・掛布雅之さんが、カンテレの『こやぶるSPORTS』に生出演。セ・リーグ最下位に沈んでいる阪神について、浮上のためには「矢野監督は今こそ矢野ガッツを」と話し、1人1人が出来ることを今やるべきと古巣を鼓舞しました。  番組では、すでにセ・リーグで最速となる2ケタ黒星を喫している阪神がここから反転攻勢をかけるため、今何が求められているかについて掛布さんに質問。  それに対して、掛布さんは自身が現役時代に全く打てず、勝てなかった時、チームメイトだった現阪神の平田2軍監督から「掛布さん、出来ることだけやりましょう」と声を掛けられたことを紹介。  その上で、「攻守交代の時にリズムよくベンチからポジションまで走ったり、打った後に1塁ベースまで全力疾走したりすることをチームでやり通せば、相手チームは脅威に感じる」と話し、打つ・打たないではなく、今出来ることをきちんとやるべきだとの考えを明らかにしました。  さらに掛布さんは「矢野監督は『厳しい時こそ笑顔で』と言ったわけですから、今こそ矢野ガッツをやるべき」として、監督自らが率先してチームのムードを変えていくことの大切さを訴えました。 (関西テレビ7月4日(土)午後5時から放送『こやぶるSPORTS』より)