Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

旅行好きには見逃せない「Go To Travelキャンペーン」、知って得する活用術

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

緊急事態宣言解除の報道などで一躍知名度が上がった「Go To Travelキャンペーン」ですが、詳しい内容を知っている方は多くないようです。一方で、新しい生活様式に慣れ始めてくると、やはり「旅行・レジャー」の文字が頭の中によぎり始め、週末になるとソワソワしてくるのではないでしょうか? そんなあなたに、トラベルズー・ジャパン株式会社が、旅行好きな人を対象に行った、「Go To Travelキャンペーン」に関する意識調査の結果をご紹介いたします。「Go To Travelキャンペーン」の有効活用にお役立てください。

■「Go To Travelキャンペーン」の認知度は29.1%も、説明後の利用意向は87.5%

「Go To Travelキャンペーン」の知名度に関する質問では、「キャンペーン内容を知っている」と回答した割合(認知度)は29.1%に留まりました。「聞いたことはあるが、よく分からない(47.7%)」と答えた人と合わせた知名度は76.8%に昇りました。こうした調査結果から、キャンペーン内容が広く理解されていない現状が明らかになりました。 名称が先行しているものの、今後、7月に予定されているキャンペーンが開始されるまでに、一般消費者にキャンペーンの目的や内容を正しく伝える必要性があると考えられます。 ただし、「Go To Travelキャンペーン」の内容を説明した上で、その利用意向を尋ねた質問では、「利用したい」と回答した割合が87.5%に及びました。一方で「未定(11.0%)」および「利用しない(1.5%)」とした回答者も一定数いることから、新型コロナウイルスに対する不安も伺えます。 ちなみに、「Go To Travelキャンペーン」とは次のような内容です。 「国内観光需要喚起を目的として、旅行会社が販売する旅行商品や、宿泊施設が直販予約システムで販売する宿泊プラン等を予約する際に、最大半額相当(1泊あたり最大2万円)の補助が適用される」というものです。

■年内に複数回の国内旅行検討中、できれば昨年以上に旅行したい

7~12月に実施したい宿泊を伴う国内旅行の回数に関する質問したところ、97.2%が1回以上国内旅行したいと回答しています。このことから、早期旅行再開に対する意欲の高さが明らかになりました。また、「2回(38.4%)」「3回(27.0%)」を中心に、年内に複数回の国内旅行の意向を持つ回答者の割合は78.6%に上りました。さらに「6回以上」と回答し、毎月1回以上のペースで国内旅行を実施したいとする回答者も5.8%いることが明らかになりました。積極的に「Go To Travelキャンペーン」を利用したいという意向が示されたことなります。 昨年同時期(7~12月)と比較して質問をしたところ、「昨年と変わらない(43.6%)」「昨年よりも多い(21.9%)」「昨年の2倍以上(5.8%)」を合わせて、昨年同等以上の国内旅行回数を見込んでいる回答者の割合が71.3%に達しました。 新型コロナウイルスの影響がなかった昨年同時期のことを考慮すると、「Go To Travelキャンペーン」の効果により昨年同等以上の国内旅行需要が生まれていると言えます。

【関連記事】