Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧米や国内でも参入や発表が相次ぐ「新型コロナワクチン」の開発はどこまで進んでいるのか

配信

@DIME

1日も早い実用化が待ち望まれる新型コロナウイルスの『ワクチン』。その開発は今、どこまで進んでいるのだろうか? 今回はそんな「新型コロナワクチンの現在地」に関する三井住友DSアセットマネジメントのレポートを紹介していく。 ※イメージやグラフなどの画像が削除されていない元記事は「@DIME」にてご覧になれます。 参入が相次ぎ『ワクチン』の開発が進む 新型コロナの感染が高水準となるなか、新型コロナを克服して経済活動を本格化する上で欠かせない治療薬や『ワクチン』の登場が強く期待されている。『ワクチン』については参入企業が相次ぎ、開発の可能性が徐々に見え始めてきた。 欧米の製薬大手、研究機関やベンチャー企業などが先行して新型コロナの『ワクチン』の開発を進めている。国内でも、2020年度の2次補正予算案に『ワクチン』を早期に実用化するための体制整備として1,455億円、開発に500億円を盛り込むなど官民をあげて『ワクチン』開発を急ぐ。 国内外の企業の取り組みも進展 大阪大学発のバイオ企業であるアンジェスは5月25日、大阪大学などと共同開発している新型コロナに対するDNA(デオキシリボ核酸)『ワクチン』について、マウスとラットへの投与によって体内にウイルスに対する抗体ができていることを確認したと発表した。 7月にも初期の臨床試験を開始し、早ければ年内にも使えるようにしたいとしている。 塩野義製薬は4月27日、国立感染症研究所(感染研)との新型コロナウイルスの『ワクチン』の共同開発を決定したと発表した。塩野義製薬は子会社のUMNファーマが感染研と共同で『ワクチン』の研究開発に取り組み、年内の臨床試験開始を目指す。 『ワクチン』の登場時期は不透明 欧米や国内でも参入や発表が相次ぎ『ワクチン』開発に対する期待が高まっている。ただ健康な人に投与する『ワクチン』は有効性に加えて治療薬以上の安全性が求められる。 多数の人に投与すると予期せぬ副作用などが現れるリスクなどの検証は慎重に判断すべきとの見方もあり、一般の多数の人に投与できる時期については不透明感がある。こうした課題を克服して早期に『ワクチン』が登場することが期待される。 出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社 構成/こじへい

@DIME

【関連記事】