Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Facebook、プラットフォーム悪用への対応 法的措置も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

Facebookは、プラットフォームの悪用への対応を発表した。 同社は、個人のプライバシーを保護し、データの誤用を防止するために行う積極的な技術的作業に加え、必要に応じて同社のプラットフォームを悪用した人に対して説明責任を負うための法的措置を講じているという。 今回、スペインおよび米国で訴訟を起こし、自動化された手段を使用してサービスを悪用することに対して同規約を施行したとのことだ。 スペインの被告は、偽の婚約に対するInstagramの制限を回避するために設計された自動化ソフトウェアを使用し、米国の被告は、人々にFacebookのログイン認証情報を提供するよう求め、これらの認証情報を使用してFacebookから人々のデータをスクラップしたという。 同社は、どちらに対しても訴訟を起こす前に、停止と要望の手紙と無効化されたアカウントを送信。最終的に法的措置を講じて、これらの被告に対し、Facebookのポリシーに違反しサービスの完全性を損なう責任を負わせたとしている。 また、Facebookプラットフォーム上でアプリを運用していた韓国のデータアナリティクス企業Rankwave社に対し、ポリシーへの準拠を確認することができなかったという。 Rankwave社は、監査と将来のFacebookの使用を禁止する恒久的差止命令に同意し、この法的措置はFacebookが人々を保護するための政策を実施するという決意を示すものであり、このような法的措置の第一歩となったとのことだ。 同社は、民間グループの一貫性の強化を図るという。人々がFacebook上のグループの一員である場合、誰が自分の情報と共有するコンテンツを見ることができるかを知ることが重要であるとしている。

【関連記事】