Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「相方だと思わない」井戸田潤が明かした“小沢ガイドライン”に称賛の声

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤が、奔放なスタイルで知られる相方・小沢一敬の扱い方「小沢ガイドライン」について明かすと、その達観した様子にネットから称賛の声が相次いだ。 【映像】称賛の声が上がった「小沢ガイドライン」  ABEMAで放送された『ABEMA的ニュースショー』に出演した井戸田は「俺たちのガイドライン」について問われると、迷わずに「小沢ガイドラインを持っている」と返答。詳細について次のように続けた。 「小沢さんは変わっているところがあって、番組の企画通りにやらなかったり、ひな壇で話していても誰かの話の腰を平気で折りに行ったり。ちょっと独特な感性がある。コンビとして同じ位置にいると腹が立つことが多かった」  思わぬ本音に聞き耳を立てた千原ジュニアに対して、さらに井戸田は「なので、ちょっとした大御所の扱いをしようと思った。小沢さんのことを俺の中で2ランク上にあげたら、何も腹が立たなくなった。大御所の人は何をやっても許される。俺の解釈一つで気持ちがスッとすることに気づいた」と説明した。  そのことを“ちょっとした嫌味”のつもりで、小沢本人に告げたところ「え!? 嬉しい」と反応した小沢は「だってオレ、潤より上なんだろ? でも、コンビのバランスが悪いな。だったら潤、上がって来いよ」と小沢節を炸裂させた。  「オレが勝手に上げたのであって、お前が上がったわけじゃない」と内心思ったというが「自分が下に下がった方がラク」と締めくくった井戸田に対して、視聴者からは「さすが相方」「寛大だな」などの称賛の声が相次いだ。一方では「セカオザだもんな」という意見も聞かれていた。

【関連記事】