Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

学業のため現役を引退。26歳のDFアレッサンドロ・スパノーの決断

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
footballista

文 神尾光臣  「勉強のためにプロサッカー選手から引退する。狂気の沙汰かもしれないが、自分の夢を追いかける」。  7月29日、セリエCレッジャーナのキャプテンであるDFアレッサンドロ・スパノーは現役引退を発表した。26歳のプロサッカー選手は、学業を理由にキャリアを終了させる決断をした。

プレーオフ決勝翌日、試験にパス

 スパノーは2014年7月からレッジャーナに所属。途中チームとともにセリエD落ちを経験したものの、2018-19シーズンからキャプテンマークを巻いてレッジャーナを牽引した。  CBのレギュラーとしてセリエC復帰に貢献した後、19-20シーズンのセリエC・グループBのレギュラーシーズンではチームを2位入賞へと導き、続く昇格プレーオフでは7月22日の決勝でバーリを下して優勝、主将として21年ぶりのセリエB昇格をもたらした。  しかし、スパノーには、試合の翌日に別の”決戦”が待っていた。実はサッカーの傍らでニコラウス・クザーヌス私立大学の通信課程で経済学と経営学を学んでおり、7月23日は学士号取得の試験だった。  「投資における資本蓄積:プライベートエクイティとベンチャーキャピタル」なる学士論文を提出し、面接試験に見事パス。経営とマネージメントの学士号を取得し、卒業を果たしたのだ。プロスポーツと学問との両立を達成したことで、ビンチェンツォ・スパダフォーラスポーツ担当大臣からも祝福のメッセージが寄せられた。

「心の声に従う時が来た」

 だが、話はそこで完結しなかった。スパノーは世界的に名高いハルト・インターナショナル・ビジネススクールから奨学金を得ることになったのだ。9月から約20カ月の間、ロンドンと上海、そしてサンフランシスコを股にかけて留学をすることになる。そうなると当然、スパイクは脱がなければならない。  そして彼は決断した。「プレーオフに集中する目的から誰にも話さなかった」というスパノーは、7月29日に本拠地レッジョ・エミリアで記者会見を開いて現役引退を宣言した。  「僕の運命は決まった。ここからは心の声に従う時が来た。僕の中の別の部分が肘を突いてくる。サッカーから遠く離れた道を選ぶことにする」。このように説明したスパノーを、クラブも快く送り出し、Facebookの公式ページに「レッジョ・エミリアの微笑みとエネルギーは、今後も君とともに歩み続ける」と激励のメッセージを掲げた。  ファンも「できればセリエAでもキャプテンとして戦って欲しかった」と別れを惜しむ一方、「誰もがプロサッカーの世界を羨ましがるものなのに、それを捨てるのは大変な勇気。頑張って」というメッセージを寄せていた。  なお、サッカー情報サイト『Transfermarkt』によれば、プロサッカー選手で学位を取得しているのは全体の0.8%。プロサッカー選手のキャリアと学業の両立は、まだまだ困難なようだ。

【関連記事】