Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

20代転職は分析力が重要! 20代の転職を成功させるポイント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

20代で転職を考えている人は、どうすれば転職を成功させることができるのだろうかと悩んでいるのではないでしょうか? この記事では、20代の転職を成功させるためのポイントを紹介していきます。

なぜ転職したいか分析する

転職を成功させるポイントの1つは、なぜ転職したいのかを分析することです。 まずはこれまでの職種が自分に合っているかを考えましょう。 例えば、自分は外向的に振る舞っているけど、実は内向的という人は多いものです。そのような人が販売・接客などを行っていると外向的なキャラクターを演じることに疲れてきてしまいます。 あるいは横文字の肩書に憧れてパソコンを使ったクリエイティブな仕事をしているものの、本当は体を動かす仕事のほうが向いている人もいます。 20代の場合、いくらでもやり直しがきく年齢です。 転職の動機を分析して職種自体が合わないと思ったなら、別の職種に転職することもできるでしょう。 また、自分では合っていると思っていても本当にそうなのか、現在の職務内容を整理して可視化したうえで自己理解を深めてから転職活動を始めたほうが良いでしょう。 職場の環境が合わない 仕事内容そのものは楽しいが、職場の雰囲気が合わないと感じている場合もあるでしょう。 今の職場のどんなところが合わないのかを考え、上司や人事に相談して異動が可能か確認したうえで転職活動をしましょう。 「人間関係が合わない」などは、どこの職場へ行っても起こる可能性はあります。 自分の考え方や価値観を見つめ直して、本当に転職が本当に必要か冷静に考えましょう。 パワハラ・セクハラなどのハラスメントが原因であれば、専門家に相談することも選択肢に入れましょう。

異業種に挑戦する場合

20代の転職で異業種への転職を考えているなら、自分に本当にその仕事が合っているか応募前に分析することは大切です。 外向的で人と接すると楽しいなら、販売・接客、医療関係、ファッション・アパレルなどが良いでしょう。 内向的で1人で淡々と仕事をするのが好きなら、会計・経理、Webデザイン、事務職が向いています。 頭を動かすより体を動かすのが好きという人もいるでしょう。そうであれば、大工、庭師、左官、とび、清掃業、調理、金属加工、ドライバーなどが良いです。 給与の高さや待遇の良さばかりに目を向けるのではなく、自分の向き不向きや適性を分析して理解することで長く働ける職場に転職することができるでしょう。 自分の適性が分からない場合は卒業した大学のキャリアセンターやわかものハローワーク・地域若者サポートセンターなどで適性検査やキャリアカウンセリングなどを受けることもおすすめです。 応募する企業の環境が自分に合っているか分析 次に応募する企業の環境が自分に合っているかも分析してください。 企業のホームページには、企業理念や社員のブログなどを載せている場合もあります。また、口コミサイトも活用しながら多くの情報を得ることが重要です。 可能なら職場見学ができないか聞き、働く人の様子を見てみましょう。 もしくは転職面接のときに、働く予定の部署の上司や先輩の話を直接聞くことができないか確認するのも良いでしょう。また、もし客として訪問可能なら、訪問してみるのも良いでしょう。 応募の際は熱意や強みをアピール 異業種に応募する際は、職務経験がありませんので、「なぜ異業種に応募しようと思ったか」というきっかけを説明します。 前職で取り組んで成功した業務のエピソードもあれば添えて、自分の言葉で熱意をもって志望動機・自己PRを伝えられるようにしましょう。 また、質問に対しては的確に答えるようにしましょう。

【関連記事】