Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【特集】長野県版「住みここちランキング」 上位の市町村は?その理由は? 利便性・行政サービスなど55項目の満足度で集計

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBS長野放送

賃貸住宅大手がこのほど発表した「住みここちランキング」。満足度の高かった長野県内の自治体の1位と2位は「市」、3位は「村」でした。果たして上位の自治体はどこなのか、なぜ上位なのか、結果と理由をお伝えします。 賃貸住宅大手の大東建託がまとめた「住みここちランキング」。全国18万人の登録モニターの中から県内はおよそ4500人に対し、住んでいる自治体の利便性や行政サービスなど55項目の満足度を聞き集計しました。 さっそく県内1位の自治体へ。 (記者リポート) 「住みここちランキングで1位に輝いたのが安曇野市です。高評価の要因となったのはバランスの良さでした」 北アルプスの麓に広がる安曇野市。昔ながらの田園風景が広がる中、大王わさび農場や国営アルプスあづみの公園などの観光・レジャースポットもあります。 高速道路のインターチェンジ付近には商業施設が集積し、県道57号沿いには飲食店などが立ち並びます。 さらには、来年秋をめどにインターチェンジの北東にスーパーマーケットや家電量販店が入る新たな複合商業施設が進出する計画もあります。 大東建託賃貸未来研究所・宗健所長: 「自然と生活利便性のバランスの良さが評価されている」 突出した点はなかったものの、利便性や自然環境などバランス良く評価されていました。この結果に市民は…。 安曇野市民: 「あら、すごいじゃないですか。景色とかいろいろな面で良いんじゃないか。うれしいこと」 「やっぱり自然でしょうね。空気が良いとか、水がおいしいとか」 安曇野市の担当者: 「とても光栄です。1位というのはなかなか取ることができない。ずば抜けて何かが1位ってわけではなかったので、いろんなものがバランス良く備わった街なのかなと思う」 一方で、こんな意見も…。 安曇野市民: 「あと2カ月で2人目を出産するんですけど、出産できる病院が安曇野市に1つしかない。もう少し施設があってもいいのかなと思う」 「通勤と帰りの道路の混みは結構感じる」 住み心地をさらに向上させるには課題もあるようです。 安曇野市の担当者: 「車がないと不便なところにはなってくるので、そういったところをクリアできれば、もっと多くの人が住んでくれるのではと思う。子育てしやすい環境を整えるとか、そういったことを目標に掲げていろいろ取り組みを行っていくべきだと思う」

【関連記事】