Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

速報 崩落直後の現場「泣きながら痛い、痛い…」「落ちた鉄板は錆びていた…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
HBCニュース

 17日、苫小牧のアパートで2階の通路の床が抜け、5人が重軽傷を負った事故…崩落直後の現場の状況がわかりました。  事故が起きたのは17日午後5時ごろ、苫小牧市新開町のアパートで2階の通路の床が抜け、買い物から帰宅し、部屋に入ろうとした男女5人が転落しました。10代から40代の女性4人が腕や足を骨折したほか、生後8か月の男の子が頭に擦り傷を負いました。  事故直後の写真(視聴者撮影)を見ると、2階の通路の床がすっぽりと抜けて落ちています。その後の警察の調べで、抜け落ちた通路の大きさは幅90センチ、長さ2.4メートルでした。  事故直後、救助に立ち会った男性は「何名かは泣いていて、痛い痛いと言って、緊迫した状況だった」「(抜け落ちた)鉄板とかずらして触ったら、錆びていた」と話しています。  アパートは、築25年ほど…苫小牧港から2キロほどで、海からの風も吹きつけるといいます。  アパートを管理する不動産会社は「通路が老朽化していて危険だ」として、去年9月から大家に通路の写真や改修工事の見積もりを送り、修繕を打診していたと話しています。しかし、大家からの返答はなかったということです。  警察は、アパートの管理が適切だったかどうかを含め、原因を調べています。

北海道放送(株)