Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

永瀬正敏、芦田愛菜のコメント力に感服「しっかりしてる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 芦田愛菜の6年ぶりとなる待望の実写映画主演作『星の子』が10月9日(金)より全国公開。それに先駆け9月3日、主人公の中学3年生のちひろを演じる芦田愛菜、そして芦田演じるちひろを深く愛しながらも“あやしい宗教”を深く信じているという両親を演じる永瀬正敏・原田知世、大森立嗣監督が登壇し、本作の完成報告イベントが行われた。

 6年ぶりの実写映画主演作に髪の毛をバッサリ切った芦田愛菜。 脚本を読んだとき、「“信じる”というのがひとつのテーマになっているのかなと思いました」とその感想を語った。演じた主人公ちひろは芦田と同世代だが、演じるにあたり、「一人でいる時は悩んだり、悲しんだり、決意を感じさせたり、かと思えば、友だち過ごしているときは純粋に楽しんでいたり、そんな多面的な部分を表現できたらいいなと思っていました。また、“信じる”という言葉は、身近に使っている言葉ですが、ちゃんとわかってないなあと。自分の答えを、ちひろと一緒に、探していこうと思いました」と述べ、髪を切ったことについては、「髪が長い自分が、ちひろを演じいているのがしっくり来なかったので、大森監督に相談させていただきました」と明かした。本作は、芥川賞作家・今村夏子の初の映像化作品だが、大森監督は「ちひろの感情を固定化しないことを大切にしました。心の揺らめきを芦田さんが自由に演じられる環境を作りたかった。芦田さんにがんばってもらうしかないのですが、さすがでした」と振り返る。さらに「両親との会話で生まれてくるものを大事にしてくださいと伝えていたんですが、楽しんでくれていたみたいでした」と明かした。  親子を演じた芦田愛菜、永瀬正敏、原田知世だが、永瀬は「原田さんは久しぶりですが、全く変わっていなくて、現場でずっと『変わっていないですね』と言っていました」、原田は「愛菜ちゃんは、小さいときから活躍している姿を見ていて、親しみを持ってご一緒しました。16歳になって、すてきな女の子になりましたけど、見ていると幼いころの面影が見えてきて、愛しくなりました」と共演の感想を語った。  登場人物それぞれの“信じる”ということが描かれた『星の子』 。芦田にとって“信じる”とは「よく、その人のことを信じようと思いますという言葉を使うことがありますが、それってどういう意味なんだろうってと考えました。それは、その人自身を信じているのではなくて、自分が理想とするその人の人物像みたいなものに期待してしまっていることなのかなと感じて。だから人は、裏切られたとか、期待していたのにと感じてしまう。でもその人が裏切ったわけではなく、その人の見えなかった部分が見えただけであって、その見えなかった部分が見えたときに、あっ、それもその人なんだと受け止められる揺るがない自分がいるか、信じられるかということなのかなと思ったんです。けれど、揺るがない自分の軸を持つのってすごく難しく不安になったりします。だからこそ、人は『信じる』と口に出して、成功した自分とか理想の人物像にすがりたいんじゃないかと思いました」と思いを述べた。これに永瀬も「しっかりしてるでしょ(笑)。これ以上の答えはないですよ」と、脱帽。永瀬は「僕は信じているのは一貫して映画です。映画に裏切られたことないので映画を信じています」と熱い思いを語った。

【関連記事】