Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

群馬のホテル経営者刺殺、売上金奪われたか…ベトナム国籍の男出頭で急展開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
読売新聞オンライン

 「群馬県で人を殺しました――」。前橋市富士見町皆沢のホテルで経営者の堀越つる子さん(71)が刺殺された事件は急展開した。15日朝、ベトナム国籍で住所不定、無職の男(30)が警視庁の交番に出頭し、殺害への関与をほのめかした。群馬県内で無賃乗車をした疑いのある男で、県警は詐欺容疑で逮捕するとともに、事件との関連を調べている。 【写真特集】コロナ禍 猛暑の防護服  捜査関係者によると、男は15日午前8時30分頃、警視庁品川署天王洲交番へ出頭。同署へ任意同行された後、県警に逮捕された男は午後1時頃、捜査員に囲まれながら車で前橋署へ移送された。  発表によると、男は3日午後8時40分頃、大泉町からホテル近くの前橋市富士見町石井までタクシーに乗車したが、1万2030円の料金を支払わなかった疑い。運転手に対し、「(金を)友だちからもらってくる」とうそを言って立ち去っていた。遺留品などから男が浮上し、県警が行方を追っていた。  堀越さんは10日午前9時50分頃、ホテルの中庭で倒れているのが見つかった。左肩背部を刺され、間もなく失血死した。近くの防犯カメラには午前8時頃、周囲を見回しながらホテルへ向かう不審な人物が映っていた。  ホテルの事務所には現金十数万円が残っていたが、捜査関係者によると、ホテル関係者から「引き出しにあるはずの現金がなくなっている」という証言が寄せられており、売上金を管理していた場所で現金が見つかっていないという。県警は金品が奪われた可能性もあるとみて調べている。  男は交番に出頭した際、刃物などは持っていなかったといい、県警は慎重に事件との関係を調べている。

【関連記事】