Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「そうか、オレ、軽度とはいえ“肥満”なのか」 中年小太りの健康診断結果がランで改善した話

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Tarzan Web

そうか、オレ、軽度とはいえ「肥満」なのか。

そりゃ20代の頃に比べれば、ちょっと太ってきたけれど、デブってほどではない。30代半ばの周りの連中だって五十歩百歩、働き盛りの男なんてこんなもの。 [グラフ]主治医の見立て、7項目 でもま、そろそろメンテも必要かと、ここ数年パスしていた人間ドックを受診したのが、去年のこと。若干ビビりつつ診断結果を受け取りに病院に行ったところ、医者はなんとも渋い顔。 「このまま放っておくと、大変なことになりますよ?」 ってそれ、最悪の検診結果で出演者を脅しまくるテレビ番組のセリフじゃん! 身体計測はC判定。体脂肪率は22.1%と女子並みで腹囲は内臓脂肪がメタボレベルの約100平方cm蓄積されていることを示す85cm超え。立派な軽度肥満と判定されてしまった。そうか、オレ、軽度とはいえ「肥満」なのか…。 コレステロールや中性脂肪の数値もかなりヤバい。あろうことか、専門医の治療が必要なD判定。せ、専門医? ち、治療!? 糖尿病や高血圧の家系じゃないのに、糖代謝機能も血圧も、まさかのB、C判定。これでは5年前、ピンピンコロリで亡くなったじいちゃんに申し訳が立たない! 肝機能はというと、あああ、やっぱり。20歳を越えてからというもの休肝日ゼロの酒飲み人生、そりゃそうだろうの脂肪肝でC判定。「生活習慣の改善が必要です」って、そんなことは百も承知です…。 かろうじてのA判定は肺機能と血球検査のみという散々な結果に。

医者は即、ダメ出し。

医者の言うことには、「食習慣の見直しと適度な運動が必要です」。それができればとっくにやってますって。 「じゃあウォーキング始めます」 仕方なくテキトーに答えたオレに、医者は即、ダメ出し。 「ウォーキングよりジョギングの方が断然、効率的。半分の時間で健康効果が見込めるし、カラダの引き締め効果も段違いに大きい」と言う。 オレくらいの小太り体型なら、いきなりジョギングを始めても心臓発作を起こしたり膝を痛める心配もないとのこと。う~ん、ラッキーなんだかそうでないんだか。 そこまで言われちゃ、ワタクシ田山猿人、やるっきゃない。時間のある週末、ジョギングを取り入れることを宣言。天国のじいちゃん、頑張るぜ!

【関連記事】