Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

動物実験で、どこまで新型コロナウイルス感染症の症状を“再現”できるか

配信

WIRED.jp

たった数カ月前の2月、ルイジアナ州ニューオーリンズではカーニヴァル「マルディグラ」が開催され、いまでは想像できないほど多くの人々が集まっていた。そんな熱狂が過ぎた翌朝の早い時間に、ニューオーリンズにあるテュレーン大学の搬入口に1台のFedExの貨物トラックが到着した。 ワクチンが完成したらいったい誰に優先的に接種することが「正しい」のか? 大学の搬入口では、ふたりの人物が待っていた。ドライヴァーは、トラックに積まれた靴やトイレットペーパーなどの荷物のなかからひとつの段ボール箱を引っ張りだすと、待っていたふたりのうちリーダー格の女性に手渡した。 箱の中には、新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」の粒子が何百万個も詰まった小瓶が冷凍保存されていた。まさにこのとき、ニューオーリンズの街にも静かに広がっていたウイルスである。 この新型コロナウイルスのサンプルは、シアトルの患者から分離・増殖され、テュレーン国立霊長類研究センターに送られたものだった。研究者たちは、このサンプルを利用してアカゲザル4匹とアフリカミドリザル4匹を感染させ、人間の病気である新型コロナウイルス感染症「COVID-19」を“再現”できるか調べるのが狙いである。これは同種の実験として、米国初の試みのひとつだった。

サルを対象に感染を“再現”

それまで、最も注目度の高いワクチンや治療の動物実験(抗ウイルス薬「レムデシビル」の試験を含む)は、実験用のサルとして比較的手に入りやすいアカゲザルのみで実施されてきた。しかし、これまでのところ、新型コロナウイルスに感染したアカゲザルが示した症状は軽いものばかりだった。 アカゲザルだけを対象とした実験であっても、科学者はウイルスの増殖を評価し、感染の兆候を確認できる点で有用と言える。だが、より重篤な症状が現れる動物のほうが、ワクチンや抗ウイルス薬などの効果を評価しやすい。 こうして新型コロナウイルスがテュレーン国立霊長類研究センターに到着してから数週間のうちに、研究対象の2匹のアフリカミドリザルが重度の肺疾患を発症した。研究センターの主任獣医師であるスキップ・ボームによると、この2匹はヒト以外の霊長類で新型コロナウイルスによる重症疾患を発症した初症例となった。 「これは数匹の動物を対象とした初期の研究にすぎません。しかし、この実験が再現できれば、人間に発症する重篤な疾患を調査する上で非常に重要なモデルになるでしょう」とボームは言う。「治療やワクチン、さらには疾患そのものを研究する前に、人間と同様の疾患を発症する動物モデルを見つけ出す必要があります」

【関連記事】