Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クロダイのルアー釣りが荒川や中川で流行中!通称「リバチヌ」にぴったりな装備品

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ルアマガ+

西日本を中心に大人気の「チニング」といえば、チヌ(クロダイ、キビレ)を狙ったルアーフィッシングの総称です。 オススメバッグの詳細はこちら 表層のルアーにも果敢にバイトしてくる姿や、驚くほど身近のフィールドで釣れるといった理由がその人気の理由だったりするのですが、なんと今、そのチニングが、荒川や中川、旧江戸川などのわゆる「東京湾奥河川」で密かに盛り上がっているらしいのです! 24時間いつでも好きな時に楽しめるという東京湾奥河川でのチニング、通称「リバチヌ」について、パズデザインの小嶋さんが教えてくれました。

小嶋孝

パズデザインのアイテムを広めるため、全国各地に飛び回る敏腕営業マン。あらゆる釣りをたしなみ、その経験も大いにパズデザインには反映されている。関西で経験したチニングを関東でも出来ないかと試行錯誤した結果、リバチヌにドハマリした。

東京湾奥河川でも出会える!チニングの好敵手達!!

その名の通り、尾びれが黄色いキビレ。パワフルかつ1m以上のジャンプもする超エキサイティングなターゲット。湾奥河川のキビレはアベレージが大きいとか。

その魚体はクロダイという言葉がピッタリ! キビレよりも大きいことは多いが、湾奥河川は特にその傾向が強く、50cm後半の年無しも多いらしい。

東京湾奥河川ならいつでもどこでも楽しめる「リバチヌ」

小嶋「きっかけは、営業で関西に行った際に教わったチニングでした。近年生息数が増加していると言いますし、なんとか関東でもチニングは出来ないか…。そう思って色々と調べたり試したりして、今にいたります」 関東でもハマったわけですね。 小嶋「西日本とは違う形でしたけどね。それというのも、あちらのチニングは砂底や泥底で行うことが多いのですが、湾奥河川だとカキ殻が非常に多いんですよ」 カキ柄の多い場所ががポイントになるということですか? 小嶋「そういうことです。イメージとしては、川の最下流のうち、ハゼとかシーバスとかと同じ様なエリアが狙い目です」 たしかにそれなら、東京・千葉・神奈川といろいろな地域で釣りができそうです。 小嶋「しかも嬉しいことに、チヌは青物みたいにどこかへ行ってしまうということも少なく、エビやカニなど何でも捕食するのでベイトフィッシュがいないと…みたいな事態にもなりにくいんです」 なんだかいつでも釣れそうな雰囲気ですね(笑) 小嶋「あながち間違ってもないですよ! 昼夜問わず出来ますし、スキマ時間に30分だけ…みたいなスタイルでも釣れますしね。内緒ですが、自分も実は営業の合間にやってます(笑)」

【関連記事】