Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

住宅ローン利用者の8.5割が「変動金利」を選ぶ本当の理由

配信

マネーの達人

「変動金利」を選ばされているのか

住宅ローン利用者の内、 ・ 8.5割の方が広義の変動金利(固定期間選択型を含む) ・ 6割の人が狭義の変動金利(半年で金利見直し) を選んでいます。 変動金利を選択した8割の人が「金利が低い」ことを選んだ理由としています。 住宅ローン利用者は住宅・販売事業者(建築業者・不動産会社)の情報や勧めによって、月々の返済額が少ない変動金利を選んでいます。 金融機関が変動金利を勧めるのは、儲けが低くても損をしない為です。 住宅ローン利用者は、自身の返済計画でなく、住宅・販売事業者や金融機関の都合で選ばされているかもしれません。

住宅ローン金利タイプ割合

住宅ローン金利タイプの使用比率は大まかに見ると、 ・ 変動金利 → 60% ・ 固定期間10年未満 → 5% ・ 期間固定10年以上 → 20% ・ 全期間固定 → 15% です。 住宅ローンの貸出元は、変動金利と固定金利を扱う銀行や信金等の民間金融機関と、フラット35(全期間固定金利)のみを扱うモーゲージバンク、その他(生保会社・損保会社)があります。 民間金融機関等と、モーゲージバンクその他の貸出量の比率は、9対1です。 住宅ローン利用者の9割は、民間金融機関の住宅ローンを利用しています。 これを変動金利利用者で考えると、民間金融機関で住宅ローンを借りる際は、 約9.5割の人が広義の変動金利を選んでいます。

金利タイプ選択の情報源

■住宅・販売事業者 住宅ローン利用者は変動金利を選ぶ際に、何を情報源としているのでしょうか。 機構調査では、変動金利利用者(フラット35以外)の約半数が、住宅販売の情報源を選択しています。 ・ 住宅・販売事業者からの情報 約45% ・ モデルルームからの情報 8% 住宅・販売事業者(営業マンなど)の勧めで住宅ローンを選んだという人が2割強います。 ■金融機関 金融機関からの情報を見ると、機構調査(13.住宅ローンを利用する上で役立った情報源、複数回答)では、約3割の人が金融機関などを情報源としています。 ・ 金融機関からの情報 21.3% ・ 住宅支援機構からの情報 6% 金融機関の勧めで住宅ローンを選んだという人が1割強います。 このように住宅販売事業者はかなりの影響力があり、 金融機関からも一定の影響力があることがわかります。

【関連記事】