Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「メッシとは親しくなかった」セビージャ復帰のラキティッチがバルサ時代の“不和”を語る「イニエスタと…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

6年を過ごしたバルサ時代を回想

 クロアチア代表MFのイバン・ラキティッチは、今夏の移籍市場で6年ぶりにアンダルシアへ返り咲いた。 【PHOTO】ビッグディールが続々成立!2020年夏に新天地を求めた名手たちを一挙紹介  今月1日、今夏にバルセロナの新監督に就任したロベルト・クーマンの下で構想外となったラキティッチは、古巣セビージャへ電撃復帰を果たした。移籍金は150万ユーロ(約1億9000万円)で、32歳では異例の4年契約を締結したのである。  2011年1月から3年半に渡ってプレーした古巣への復帰を叶えた名手にとって、バルサでの暮らしはどのようなものだったのか。現地時間9月17日に地元メディア『El Desmarque』のインタビューに応じたラキティッチは、一部メディアで不和が指摘されたリオネル・メッシやルイス・スアレスとの関係性をオープンに語っている。 「これはあくまでも僕の主観的な意見だけど、メッシたちとの関係は決して親しい友人と呼べるものではなかった。23から24人のグループの中で、全員とそういう関係を築くのは難しいと思う。僕にとってのいわゆる親友は、アンドレス・イニエスタとテア・シュテーゲン、ケビン=プリンス・ボアテング、それからジュニオル・フィルポとは仲が良かったね」  では、メディアで指摘されるように関係に亀裂が入っていたのか? ラキティッチは、こう続けている。 「僕はメッシとスアレスを尊敬しているよ。彼らは6年間のパートナーであり、とても大切な人たちなんだ。そして僕は彼らと共に努力し、本当に素晴らしいものを手にしてきたんだ。彼らへのリスペクトはいつも最大級だ。  とくに新型コロナウイルスのことがあってからは、彼らは常にすぐ近くにいてくれた。だからこそすごくリスペクトしているんだ。これまで何年にも渡って彼らが僕に良くしてくれたことを感謝している」  現地メディアで囁かれたあらぬ噂を改めて一蹴したラキティッチ。彼にとってバルサでの6年間は充実したものだったと言えそうだ。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】