Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カープ奨成「何と声をかけたら」 「人生が変わった場所」甲子園中止に複雑な心境

配信

デイリースポーツ

 日本高野連は20日、新型コロナウイルスの影響が各地に広がる中、オンラインで「第102回全国高校野球選手権大会」の運営委員会と理事会を開き、8月10日から予定されていた夏の甲子園大会と出場権を懸けた地方大会の中止を決め、発表した。この日、広島の中村奨成捕手(20)が取材に対応。大会新記録の6本塁打を放った甲子園を「人生が変わった場所」と振り返り、複雑な心境を明かした。  高校球児なら誰もが憧れる夢舞台。夏の甲子園が、今春のセンバツに続きコロナ禍にのみ込まれた。春夏連続での中止は史上初。広陵時代、聖地で放物線を描いた中村奨は、時折言葉を詰まらせ複雑な心境を吐露した。  「特に3年生には何と声をかけたら良いのか思い浮かびません。自分がその立場だったら…。目標がなくなってしまうので立ち直れないかもしれない。つらいです」  17年夏。歴史の1ページを塗り替えた若鯉は、甲子園をこう表現した。  「人生が変わった場所です」  初戦の中京大中京戦から準々決勝の仙台育英戦までの4試合で、3試合連続を含む4本塁打を記録。準決勝の天理戦では2本塁打を放った。「何か自分の持っている以上の力が出た」。計6本塁打は、清原(PL学園)が持っていた1大会個人最多本塁打を更新するものだった。  卒業後の進路をプロと決めていたものの、上位候補になるとは夢にも思っていなかった。「無名だった僕のターニングポイント。打っていなかったら分からなかった」。一躍全国区の選手となり、秋のドラフト会議では広島、中日から1位指名を受けた。  日本一を目指してたたいた伝統校の門。決勝で花咲徳栄に大敗し、人目をはばからず大粒の涙を流した。夏は初めてとなる優勝を逃したが、3年間、仲間と共に泥だらけになって流した汗は、かけがえのない財産だと誇れる。  今は「簡単に頑張っていこうとか、声をかけられない」と声を絞り出した。それでも彼らが白球を追いかけた日々は決して色あせない。いつの日か顔を上げ、前を向いて歩んでほしいと強く願っている。

【関連記事】