Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人気SF小説『夏への扉』、山崎賢人主演で初の実写映画化 舞台を日本に再構築

配信

オリコン

 1956年にアメリカで発表されて以来、世界中で愛されるSF小説『夏への扉』が、山崎賢人主演で初の実写映画化されることが、決定した。山崎は「SF好きな僕が、SF小説の原点ともいえるような名作をもとにした作品に出演させていただけたことを、とてもうれしく思います」と胸を張る。公開は2021年。 【写真】多くの恋愛映画を手がける三木孝浩監督がSF作品に挑戦  ロバート・A・ハインラインの原作小説について、本作の小川真司プロデューサーは「タイムトラベルものは『バック・トゥー・ザ・フューチャー』も含めて数々あれど、時間旅行ものというジャンルを確立させた古典中の古典」と、SF映画に多大な影響を与えたと語る。  その名作を、本作では日本を舞台に再構築。1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が、未来を取り戻す冒険物語として描かれる。メガホンをとるのは、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(16年)や『フォルトゥナの瞳』(19年)などで知られる三木孝浩監督。脚本は三木監督と『陽だまりの彼女』(13年)でタッグを組んだ菅野友恵氏。  山崎演じる主人公は、ロボット開発をする科学者の高倉宗一郎。穏やかな日常の中で、研究に没頭する日々を送っていたが、信頼していた共同経営者と婚約者の裏切りにあい、自身の会社も発明途中のロボットも奪われてしまう。さらに宗一郎は、人体を冷凍し未来に行ける装置・コールドスリープに入れられ、目が覚めると、2025年の東京に。すべてを失ったことを知った宗一郎は、変えられた運命を取り戻すため、30年の時を超えてリベンジを誓う。 ■キャスト・スタッフコメント全文 ・山崎賢人(高倉宗一郎役) もともとSF好きな僕が、SF小説の原点ともいえるような名作をもとにした作品に出演させていただけたこと、そして三木監督と一緒にこの作品を作ることができたことをとてもうれしく思います。 『夏への扉』はSFという非現実的な世界観の中で、宗一郎や周りの登場人物が見せるあきらめの悪さを描いた人間臭い物語です。 1995年を舞台にしたレトロでチャーミングなセットや、SF要素全開のセット、90年代の衣装に近未来的な衣装…毎日ワクワクしながら現場を過ごしました。まだ映画を見られていないのですが、各部署がこだわりぬいて作った世界がどのように映画として形になっているのか、僕も今から楽しみです。 原作とは違った映画ならではの設定も加わり、とてもすてきな映画になっていると思います。愛おしくて、ワクワクするような、そんな映画をお届けできる日を楽しみにしています。

【関連記事】