Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「レインメーカーを体感したい」ノア新エース・清宮、オカダ・カズチカに対戦要求

配信

ABEMA TIMES

 精力的に無観客試合を行なっているプロレスリング・ノアが新企画をスタートさせた。  その名も『NOAH NEW HOPE』。昨年、GHCヘビー級王座を長期にわたり防衛し続けた若きエース・清宮海斗を中心とした配信マッチだ。丸藤正道、杉浦貴、現GHC王者の潮崎豪にナショナル王者・中嶋勝彦とキャリアのある強豪がひしめくノアだが、新世代の成長やジュニアヘビー級戦線も見もの。この中継は、そんなノアの“現在進行形”を味わうためのものと言える。 【映像】清宮、オカダ・カズチカに対戦要求  メインイベントには、もちろん清宮が登場。タッグチャンピオンであるレネ・デュプリとの一騎打ちを制した。必殺技であるタイガースープレックスでの鮮やかなフィニッシュだ。 この『NOAH NEW HOPE』はABEMAのスタジオでの開催。リングは通常より小さく、闘い方も変化してくる。ましてデュプリは大型のパワーファイター。狭いリングは逃げ場がないだけに、清宮にはやりにくかったはずだ。  そんな中で、清宮は序盤の執拗なヘッドロックなど、デュプリのパワーに対抗する幅の広いファイトスタイルを見せた。“若さ”や“勢い”だけではないところを示したのだ。  試合で魅力を出したうえで、最大のクライマックスはメインの後に訪れた。リング上でマイクを握った清宮が、衝撃的なアピールを敢行したのだ。  まずはノアマットに参戦中で、清宮とタッグを組んだこともある武藤敬司に対戦をアピール。これは以前から言ってきたことだ。 「俺は前に言ったことを忘れてない。武藤敬司と闘いたい。それが俺の心からの叫びなんだよ」  この日のマイクは、これでは終わらなかった。 「それとこれは俺の願い、どうなっていくのか、どこまで続くか分からないけど……レインメーカーを、この体で体感したい」  レインメーカーとは、当然ながら新日本プロレスのトップ選手であるオカダ・カズチカのこと。清宮はリング上で両腕を広げて「レインメーカーポーズ」まで見せた。  清宮は決してビッグマウスではなく、またリップサービスをするタイプでもない。一言でいえば実直な若者だ。その清宮があえて他団体の選手について言及したのだから、これは相当な決意があってのことだろう。  清宮海斗vsオカダ・カズチカがもし実現すれば、令和のマット界を象徴するドリームカード。プロレスの“今”を感じられる闘いになるだろう。果たして清宮の“想い”は実現するのか、注目だ。

【関連記事】