Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名刺が入れられる“フェイスガード” 静岡・清水の企業が開発 市に寄贈

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレビ静岡NEWS

テレビ静岡

感染を防止しながら円滑なコミュニケーションを。 静岡市の企業が、名刺が入れられるフェイスガードを開発し、市に寄贈しました。 フェイスガード3000枚を寄贈したのは、清水区で抗菌や防カビ剤などを製造・販売するスリーです。 この企業は、新型コロナの感染を防止しつつも、コミュニケーションが円滑にとれるようにと、名刺などの印刷物を入れられるフェイスガードを独自に開発しました。 4日の贈呈式では、スリーの室井安都子社長が「外食しやすいムードを作っていければ」と話し、田辺市長も「経済を回す1つのきっかけになる」と感謝していました。 市は今後、このフェイスガードを市内の飲食店に配布していく予定です。

テレビ静岡

【関連記事】