Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナウイルスの危機を乗り越えるために。憧れブランドの 「オシャレにできること!」vol.1|VERY

配信

magacol

世界中が新型コロナウイルスと闘っている今、普段私たちに“オシャレ”の喜びを届けてくれるラグジュアリーブランドもさまざまな形でこの危機を乗り越えるためにアクションを起こしています。今回は2つのジュエリーブランドの、それぞれの活動支援を紹介します。 写真提供/getty images

「グラフ財団」は“希望、愛、そして光とともに”のスローガンを掲げて約1億円を寄付

大粒かつ極上のダイヤモンドを取り扱うロンドンのハイジュエラー、グラフによる、世界中の慈善活動をサポートする「グラフ財団」は、WHOのCOVID-19連帯対応基金に約1億円を寄付しました。COVID-19連帯対応基金とは、WHOが国連財団やスイス慈善基金会とともに、各国が新型コロナウィルス感染(COVID-19)パンデミックに対応するために立ち上げた基金です。この基金を通じて、最前線でCOVID-19の治療に従事する医療関係者や感染症対策に尽力する関係者の皆様への支援、同時に感染者が適切な治療を受けられるためのワクチン開発の支援を行います。 グラフ

デビアス グループはダイヤモンド採掘4カ国に約5億5千万円の支援

ダイヤモンドの供給過程においてエシカルであることを目指しダイヤモンドブランド フォーエバーマークを擁するデビアス グループは、何十年にも渡りパートナーシップで結ばれているダイヤモンドの産出国であるボツワナ、カナダ、ナミビア、南アフリカに約5億5千万円分の金銭的支援と物資による支援を行なっています。このパンデミックにより困難な状況に置かれている人々に、医療品の調達、物流の支援、水の供給、新型コロナウイルスに関する認知拡大と教育、そして地域のクリニック支援などを行なっています。またこの状況で生活環境も変化し、ジェンダーに基づく暴力も増えていることを受け、女性のシェルターや女性支援機関の活動のためにも使われています。デビアス グループは事業を行う地域社会に対して、効果的にサポートを行うことができるように、包括的な「コミュニティ対策プラン」を作成。これにより、コミュニティの真のニーズを理解し、パンデミックの時期においても、その後の経済回復の時期においても、正しい時に正しい支援が行えるようなシステムを整えています。

【関連記事】

最終更新:
magacol