Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“キング・カズ”の長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 キング・カズこと三浦知良(53)と三浦りさ子(52)の長男・三浦獠太(22)が芸能事務所「トップコート」とマネジメント契約を結んだ。同事務所は菅田将暉(27)、松坂桃李(31)、中村倫也(33)らが所属しており、業界では若い男性俳優を育てるのには定評がある。  “親の14光”と大手芸能プロのサポートでどこまで成長するのだろうか。実は筆者の脳裏には小学校3年生で止まったままの獠太がいる。  十数年ぶりに見た彼は当時の面影を十分に残していた。初めて獠太の姿を確認したのは、彼がサッカーを始める直前の頃だった。まだ9歳だった彼は同級生たちと比較すると体が小さく、「カズの長男と分かれば、それなりの期待を背負って生きていくんだろうなぁ。大丈夫かな……」と、他人事ながら心配したことを覚えている。  当時、カズとりさ子夫人は子供たち(獠太には弟が1人いる)の通学を理由に別居生活を送っていた。筆者が密着取材を試みたのは別居の実情が知りたかったためだ。  獠太はほぼ毎朝、りさ子夫人が運転するポルシェで、都内のマンションから中央線沿線の有名私立大学付属小学校に通っていた。「ポルシェで通学なんて恵まれたお坊ちゃまだな」と当初は思ったが、次第にその見方は変わっていった。  当時取材した同級生の保護者によれば、あのカズの息子ということで、級友たちにはよくイジられていたようだ。中には「ドリブルをやって見せてよ!」と獠太にムチャぶりをするタチの悪い級友もいて、幼いながら苦悩を抱えた学校生活を送っていたようだ。印象に残っているのが、りさ子夫人に近い友人が漏らした言葉だ。 ■“偉大な父”を持ったおかげで背負った幼少期の苦悩  獠太のクラスでは女性誌が盛んに報じる“別居”が話題になっていて、「おまえんちの親、一緒に住んでないの?」と獠太にストレートな質問をぶつける子もいたという。  りさ子夫人が頭を痛めていたのは、獠太がそんな学校での出来事をそっと胸にしまって、家では何事もなかったかのように振る舞っていることだったという。けなげで優しい子供だったのだ。  さらに十数年前の古い取材ノートをめくると、当時は気が付かなかったいろいろな事実に驚かされた。  この頃、獠太の夢は、サッカー選手ではなく、母親と偶然テレビで見たドラマ「エンジン」(フジテレビ系、月9)の主人公が演じていたレーシングドライバーだったという。このドラマの主人公こそ木村拓哉(47)で、キムタクに強い影響を受けた獠太は「ボクも大きくなったらレーシングドライバーになる!」とりさ子夫人に明言したそうだ。  獠太は、昨年放送されたTBS日曜劇場「グランメゾン東京」ですでに俳優デビューしている。説明するまでもなく、このドラマの主演はキムタク。キング・カズからキムタクに何らかのアプローチがあったとウワサされている。  獠太は幼い頃から憧れた“ヒーロー”と俳優としての第一歩を踏み出したことになる。 「りさ子さんの趣味はドラマや映画観賞。話題のドラマは欠かさず見ていたようです。中でもお気に入りだったのが、長瀬智也主演のTBS系『タイガー&ドラゴン』で、子供たちとテレビにかぶりつくようにして見ていました。後に彼女がホステスを務めるファッション誌の対談のゲストに長瀬さんが呼ばれた時は、獠太さんと手を取り合って喜んだとも聞きました」(獠太の同級生の保護者のひとり)  その取材日には獠太青年も同席し、りさ子夫人の仕事後に長瀬と記念写真も撮らせてもらったという。 ■夢中になれることがあればサッカー選手じゃなくてもいい  当時、りさ子夫人は獠太の将来について「サッカー選手じゃなくてもいい。本人が夢中になれることがあれば何でもいい。ただ、簡単に夢を諦めてしまう子にはなってほしくない」と友人たちに漏らしていた。  好きな漫画のキャラクターのセリフを完璧に記憶して役に成り切っていた獠太。  今思えば将来が垣間見えていたわけで、今回の俳優デビューは必然だったともいえる。 (芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

【関連記事】