Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「生きるか死ぬか、戦争みたい」風俗で働くセックスワーカーたち。公的支援の「壁」は【新型コロナウイルス】

配信

ハフポスト日本版

通勤電車の混雑は戻りつつあり、街にも人が増えてきた。一方、 東京のソープランドなどの性風俗店は自粛要請は続いてきた。集積地である吉原(台東区)では、緊急事態宣言が発令された4月8日ごろから60日あまり一部の営業自粛が続く。「これまでグレーの存在できたからこそ、給付金を申し込むこともできない」と嘆く女性も。ソープランドで働いていた女性が、危険を伴うアンダーグラウンドの風俗に移っていることも危惧されている。 「今日も6時間待ったけど、お茶を引いていた。メンタルに来る」 「生きるか死ぬか。戦争みたい」 お茶を引くとは、仕事がゼロの事をいう。風俗で働く女性たちが漏らす。 ソープランドで4年ほど働く女性のAさんは、指名が絶えず人気だった。だが今「このままでは先が見えない」と取材に対して話す。

新型コロナウイルス感染拡大は、ソープランドにも影を落としている。4月13日から非常自体宣言の延長が決まる5月6日まで、女性の店は完全に閉まり、日払いの収入は約半月の間はゼロに。貯金を崩して生活している。その後、営業時間を短縮して店舗は再開したが、収入は半分以下になった。穴埋めをするため、仕事は6月末まで休みはない。日に数時間の自由時間以外はソープ以外でも働いているという。 同業の女性たちも追いこまれているのではないかと話す。ソープランドで働く女性同士は、実は繋がりは希薄で、孤独だという。個室で対応するため物理的な接点がないことや、風俗業をしていることを周りに秘密にしている人もいるからだ。それでも、ある女性がつてをたどってAさんに「50万円、なんとかならないか」と相談をしてきた。追いこまれて命を断とうとした人もいると耳にした。「新型コロナ後に、吉原で働く女性がビルから飛び降り、自殺をはかったみたいです。命はあり未遂で終わったのでよかったけれど...」と話す。 今までにない危機感を感じている。「新規の客は女性達の間で奪い合いで、生きるか死ぬかの戦争みたいで残酷です」。 Aさんが働いていた店では、1日に2、3人の女性が採用面接に来ているが、おそらく客がいないので採用されても厳しい状況なのではないかと話していた。 別の風俗関係者によると、固定客もおらず、窮地に陥った女性たちが向かうのは、デリヘルや地方への出稼ぎだという。店舗型のソープランドは休業要請に従って営業を自粛しているが、デリヘルは客のところに女性が訪問するため、実態がつかめず、営業が続いていると見られる。デリヘルは、業者によっては危険性が高い場合もある。店舗型では衛生面の管理やトラブルに対処するボーイなどが常駐するが、デリヘルは客の場所に赴くので、場合によってはレイプ、お金のトラブル、病気など危険が伴うこともあるという。

【関連記事】