Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

モーゼスが恩師・コンテ監督に感謝「また一緒に仕事ができてうれしい」

配信

超WORLDサッカー!

インテルの元ナイジェリア代表FWビクター・モーゼスがアントニオ・コンテ監督を称賛した。ナイジェリア『ザ・ネーション』が伝えた。 【動画】チェルシー時代のモーゼスが見せた輝き 2012年8月にウィガンからチェルシーに加入したモーゼスだが、トップチームではなかなか出場機会を得ることができず、リバプール、ストーク・シティ、ウェストハムと3シーズン連続でレンタル移籍を繰り返していた。 しかし、アントニオ・コンテ監督が就任した2016-17シーズンからは、[3-4-3]の新布陣を採用したチームで、右ウイングバックの絶対的レギュラーに定着。 コンテ監督退任後は出場機会を再び出場機会を失い、レンタル移籍でフェネルバフチェに移籍していたものの、今季からインテルを指揮するコンテ監督に呼ばれる形で、1月にインテルへレンタルで加入している。 モーゼスは恩師であるコンテ監督を称賛し、自身に与えた影響について語った。 「彼は僕のメンターであり友人でもある。多くの監督の下でプレーしてきて、そのすべてを愛してきた。最も重要なのはアントニオ・コンテだった」 「彼はチェルシーにやって来て、すべてを変えた。素晴らしい人だ。正直に言って、僕にとっての試合を完全に変えたよ。彼は僕に、自分自身を信じ、サッカーを楽しむための闘志を与えてくれた」 「アントニオ・コンテの下では、僕にとって素晴らしいシーズンだった。いつでも彼を尊敬している。彼は素晴らしい人だ」 「これまで、そのポジション(ウイングバック)をプレーしたことがなかった。監督が来たとき、彼はそれについて話し、それから僕をそこに置いた」 「監督のサポートを得られて良かった。彼は僕を支援してくれて、外に出て自分を表現する自信を与えてくれた。だから僕は、彼、ファン、そしてフットボールクラブのためにプレーしたかっただけだよ。僕は彼を失望させなかった」 1月にインテルに加入したモーゼスは、右サイドのバックアッパーとしてセリエAで3試合、ヨーロッパリーグで2試合、コッパイタリアで2試合に出場している。 「僕は自分を信じている監督の下で、より良くプレーすることを理解するようになった。そして、それはコンテが僕のためにしてくれたことだ。3試合プレーしたが、それは素晴らしいことだった」。 「僕は気が晴れているよ。ロックダウンの前に、3試合でプレーした。ウディネーゼとの試合を2-0で勝利した。チームにとって良いことで、チームのためにプレーしている」 「それは簡単ではなく、非常に戦術的だ。チームとチームメイトの協力に身を置くことが重要だが、監督は大きな助けをしてくれた」 「彼は僕に何をすべきかを教えてくれ流。そして、僕は彼の指示のほとんどを覚えてそれに従う。彼は世界で最高の監督の一人だ」 「彼は自分自身のサッカーをし、多くの情熱を持っている。また彼と一緒に仕事ができてとても嬉しい」

超WORLDサッカー!

【関連記事】