Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「PINARELLO・PRINCE FX DISK」インプレッションレポート

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

注目の最新モデルを徹底インプレッション! 直近5回のツール・ド・フランスを制するなどロードレース最強バイクの呼び声も高いドグマF12。そのテクノロジーを受け継ぎプリンスFXディスクがフルモデルチェンジを果たした!今回はそのプリンスFXディスクをベテランライダーの管洋介がテスト!

ドグマF12の技術を受け継ぐ 究極のエアロダイナミクス

ピナレロのラインナップにおいてドグマに次ぐレーシングバイクとして位置づけられるプリンスシリーズがフルモデルチェンジを果たした。 旗艦モデルのテクノロジーをフィードバックし、ピュアレーシングからホビーレーサーまでを許容するプリンスだが、前作のプリンスFXディスクは昨年登場したばかりだ。つまりこの2021年モデルが2年連続のモデルチェンジとなり大幅な性能向上を果たした。 プリンスFXディスクが短期間の間に2度のフルモデルチェンジを果たしたのはドグマF12の影響にほかならない。前作がドグマF10をベースにしていたのに対してニューモデルでは昨年登場したばかりのドグマF12のテクノロジーがおしげもなく投入された。 最大の変更点はTiCRと呼ばれるシステムの採用によるケーブルの完全内装化だ。ケーブル周辺の空気抵抗を85%軽減した。 さらにフレーム各部の形状もドグマF12と同様の効果をねらいながら、プリンスのターゲットユーザーに最適化した剛性が与えられた。 プリンスFXディスクは、高弾性のT900 3Kカーボンを採用し、ノーマルのプリンスよりも剛性を高めた上位モデルだ。そのブラッシュアップしたポイントを徹底的に掘り下げるとともに、気になるインプレッションをお届けしていこう。

ケーブル完全内装化をはじめ ドグマF12のDNAを継承する

さまざまな部分でドグマF12のテクノロジーを継承するプリンスFXディスク。TiCR(トータル・インテグレーテッド・ケーブル・ルーティング)と名付けられたシステムによりケーブルを完全に内装化した。 ヘッドベアリングの上側にも1.5インチ径のベアリングを採用することで、1.1/8インチ径のコラムとの間にケーブルを通すスペースを設けたものだ。機構自体はドグマF12と同様だが、モストブランドのステムとハンドルバーを新開発。ドグマF12ではハンドルステム一体式のみだったが、セパレート化により細かい角度調節を可能にした。 空気抵抗を軽減するフレーム各部の形状も、ドグマF12を継承した左右非対称のものに変更。 ただしそのまま流用するのではなく、ターゲットライダーの出力や目的の違いを考慮して、剛性や味付けに変更しているのが特徴だ。たとえばペダリングの剛性を演出するチェーンステーではカーボン積層の調整でマイルドな味付けとしている。 さらにさまざまな体格やポジションに幅広く対応すべく、ジオメトリーを新設計。これはフレームサイズの変化に対してリーチとスタックが滑らかに変化するもの。サイズのすきまをなくして、すべてのライダーに最適なフィッティングを提供する。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ