Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

立山黒部に燃料電池車 県がMIRAI借り受け

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 富山県は、立山有料道路の管理用に燃料電池車を活用する。環境保全のためで、9日に富山トヨタ自動車(富山市千歳町、品川祐一郎社長)から同社の燃料電池車「MIRAI」を借り受けた石井隆一知事が明らかにした。  有料道路は立山黒部アルペンルートの一部で、バスへの排ガス規制が行われている。知事は「一般車両を使うより排出する二酸化炭素が減る」と語った。導入時期などは今後詰める。  車両受け渡し式を県庁で行い、品川社長は「県の公務で多く活用してもらうことを期待している」とあいさつ。知事を助手席に乗せて構内を運転し、性能や構造を説明した。

【関連記事】