Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

施設拡がり、定員も増 まほろば保育園、湯湾釜分校へ移転 大和村

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南海日日新聞

 鹿児島県奄美大島の小規模保育事業所・大和村立まほろば保育園は8日、休校中の大和小学校湯湾釜分校校舎に移動して初の保育を開始した。施設の広さがこれまでの約3倍になり、預かり定員も最大9人から15人に増加した。  0~2歳児を預かる同保育事業は、大金久の民家を改修して2017年4月にスタート。年度によって定員を上回る入所希望があったため、待機児童を出さないよう13年4月から休校となっていた同分校校舎への引っ越しを決めた。  昨年度に保育室の安全柵や、入り口の段差をなくすためのスロープ、園児用のトイレなど校舎の一部改修を行った。  8日現在、入園児童は6人。この日は保育士3人の体制で業務を行った。保育士の満永聖奈さん(29)は「環境が変わって子どもたちは少しそわそわしているが、一日でも早く安心して生活できるよう職員一同、心を込めて保育したい。施設が広くなった分、伸び伸び活動できると思う」と話した。

奄美の南海日日新聞

【関連記事】