Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

難民支援でチャリティーコーヒー販売 中東イエメン産のコーヒー豆など

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
愛媛新聞ONLINE

 チャリティーコーヒーを難民の力に―。愛媛県松前町で造形教室などを開く大川理恵さん(46)が、友人で関東在住のイエメン人女性の出産を支援しようと、講師を務める松山市萱町1丁目の「フリースクールエルート」の小中高生とともに、中東イエメン産のコーヒー豆やアイスコーヒーの販売に挑戦している。  イエメンでは2015年から内戦が続き数万人が死亡、多数の難民が出ている。大川さんによると、女性は約1年前に来日し、人道的な配慮で在留を認められているが、異国での出産を8月末に控え不安な日々を過ごしているという。  大川さんは県外の知人を介して女性と知り合った。イエメンがコーヒー豆の産地であることから、女性の支援と合わせて「イエメンコーヒー」の魅力を伝えようと、大分県でコーヒーの卸販売を手掛けるイエメン人から豆を仕入れた。  22日、松山市堀之内の「堀之内マルシェ」に初出店した。コーヒー豆はフリースクールの生徒らがプロから教わり、自分たちでひいたもの。手書きのカードを添え、おいしいコーヒーの入れ方を「90度くらいに冷ますと、よりおいしくお飲みいただけます」などと紹介した。

愛媛新聞社

【関連記事】