Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

急死した23歳の漫画家、単行本2巻出たばかり…追悼アカウントで発信する「生きた証し」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

今年8月、月刊少年マガジンに「キミオアライブ」を連載中だった漫画家、恵口公生さんが23歳で亡くなった。「夢ノート」にたくさんの夢を書き連ねた高校生の男子生徒がユーチューバーになり、同級生を巻き込んで夢を実現していくストーリー。初回、巻頭カラーの冒頭、主人公がこうつぶやいている。「ぼくは・・・・まだ やりたいことが・・・・」。恵口さんとはいったい、どんな人だったんだろう。ツイッターで彼女の追悼アカウントをつくった遺族をたずねた。(朝日新聞編集委員・東野真和) 【写真】「画力がずば抜けていた」という恵口公生さんが学生時代に描いていた自画像

「生きた証し」を残したい

<話を聞いたのは、父(56)、母(56)、姉(26)。まず、9月下旬から始まったツイッターの追悼アカウントを、なぜ作ろうと思ったのか聞いた> 姉:訃報(ふほう)が出た時の反響はすごくて、「恵口公生」が、一時、ヤフーの検索ランキングでは1位になった。しかし、作品がこれ以上進んでいくわけではない。どんなにファンだった人もいずれは忘れていく。震災もそうですが、風化は絶対にある。妹の作品を色んな人に大事にしてほしいと思うから、ツイッターの中だけでも、こういう子がいた、がんばったという「生きた証し」を残したいと思った。 母:私は、何かやってないと、感情を保てないと思ったから。ぽっかり穴があいて。 姉:生きていた時は、性別も年齢も公表していなかったけど、私たちが書き込んだことで女の子だとわかった人がほとんどだと思う。妹が油絵で描いた自画像も載せたし。 母:あれは理想の自分だと思うな。元気ではつらつとして歩いている。 <フォロワーは、2週間ほどで3千人を超えた。家族は「コメントを見て、気持ちが和らぐ」と話した> 「いっぱい元気をもらいました」 「人生や考え方が変わりました。この先ももちろんあの漫画に支えられると思います」 「キミオアライブという作品のすべてが衝撃でした。行き詰まった時何度も読み返したい」――(追悼アカウントに寄せられたコメントから抜粋) 母:あの子のツイッターのアカウントには入れないだろうと、いくつかパスワードを試したらヒットしてログインできました。すると、亡くなった後も、たくさんの人がアクセスしてコメントをくれていました。連載だけでなくツイッターをしていた苦労をわかってくれている人もいました。 遺品の中にあったファンからの贈り物の写真を、端っこだけ写真に撮って載せてみたら、「私が贈ったものです」とすぐ連絡があり、お礼を言えました。第3巻が読みたい、という声も多かったです。

【関連記事】