Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

引退競走馬の現実を描いたドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」が映画祭で優秀作品賞を受賞

配信

netkeiba.com

 映画制作費を募るクラウドファンディングの段階から、折に触れて紹介してきた引退競走馬の現実を描いたドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」が、門真国際映画祭2020のドキュメンタリー部門で優秀作品賞を受賞した。  門真国際映画祭は、大阪府門真市の特定非営利活動法人門真フィルムコミッションが主催する映画祭で、映像を基軸とした海外との文化交流の促進と相互の国の文化を尊重し合える社会を構築するなどの目的で、2018年から開催されている。今年は12言語で映画の公募を行い、世界44の国と地域からおよそ1000作品の応募があった。  ドキュメンタリー部門では、この作品を含めて4作品が優秀作品賞に選ばれている。  この映画の平林健一監督(Creem Pan)は、受賞の喜びを次のように語った。 「映画祭とは映画制作者にとってダービーのようなものなので、このような素晴らしい賞をいただけたことを大変うれしく光栄に思っております。 『あれ、あの馬って…?』と思った時にnetkeiba.comを開くように、『引退競走馬って…?』と思った時にこの映画の存在を思い出してもらえるようになりたいという願いがあります。この受賞を機に、より引退競走馬の課題に興味を抱く方々増えれば本望です。  最後になりますが、制作スタッフの方々、競馬関係者の方々、そして日頃応援いただいている方々に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました」  各部門で優秀作品賞に選出された映画は、8月13日~15日まで門真市のルミエールホール(門真市市民文化会館)で行われる門真国際映画祭にて上映され、授賞式において最優秀作品賞など各賞が発表される予定になっている。 (取材・文:佐々木祥恵)

【関連記事】